彼女、’成熟した夜の女神でカムバック’

ガール・グループ彼女が30日午後ソウル広津区イエス24ライブホールで六番目ミニアルバム ‘タイム砲もう門ナイト(Time for the moon night)’ 発売記念ショーケースを開いて派手な舞台を広げている。タイトル曲 ‘夜’は愛する人をしのぶ哀切な感性を盛り出した曲で少女たちの感受性が豊かになる夜の話を美しい家事で表現した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1721774.htm, 2018/04/30 17:27:21]

アン・ジョンファン-金俊磯、’ナムルもあかして笑いもあかして~’

放送人アン・ジョンファン(左側)とコメディアン金俊磯が30日午後ソウル麻浦区KBSメディアセンターで開かれたKBS 2TV 芸能 ‘ナムルあかすおじさん’製作発表会に参加してフォトタイムを持っている。’ナムルあかすおじさん’は大韓民国代表肉食性都市男6人方が田舎に降りて直接ナムルを採集して食膳まで調える自然主義芸能プログラムで来月4日夜11時に初放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1721771.htm, 2018/04/30 17:14:05]

本格自然主義芸能 ‘ナムルあかすおじさん’

コメディアン金俊磯と俳優キム・ウンス、薄石型PD, 放送人アン・ジョンファン(左側から)が30日午後ソウル麻浦区KBSメディアセンターで開かれたKBS 2TV 芸能 ‘ナムルあかすおじさん’ 製作発表会に参加してフォトタイムを持っている。’ナムルあかすおじさん’は大韓民国代表肉食性都市男6人方が田舎に降りて直接ナムルを採集して食膳まで調える自然主義芸能プログラムで来月4日夜11時に初放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1721772.htm, 2018/04/30 17:17:19]

シン・ヒョンス・チョ・ウリ、4ヶ月公開熱愛ピリオド “約一週間の前別れ”(公式立場)

俳優シン・ヒョンス(28)とチョ・ウリ(25)が4ヶ月ぶりに公開熱愛にピリオドを付けた。シン・ヒョンス所属社ウィルエントテインモントは30日に “本人確認した結果シン・ヒョンスとチョ・ウリが別れたのが迎える”と明らかにした。引き継いで “別れ時期は一週間位いい”と “別れ事由に対しては聞かなかった”と説明した。シン・ヒョンスとチョ・ウリは去年12月から公開熱愛を続いて来た。当時シン・ヒョンス所属社は “知人たちと交わって親しみを続いて来て最近自然に会ったと言った”とチョ・ウリ所属社キーイーストは “二人はお互いに分かって行く段階”と明らかにして二人の熱愛事実を認めたことがある。去る2013年短編映画 ‘デパート’でデビューしたシン・ヒョンスはドラマ ‘青春時代’ ‘君主-仮面の主人’ ‘青春時代2’ ‘黄金色私の人生’ などに出演した。チョ・ウリはシン・ヒョンスより一年先立ってデビューしてドラマ ‘一抹の純情’ ‘メディカルタブティム’ ‘モダンファーマー’ ‘ぴったりあなたのような娘’ ‘魔女の法廷’ ‘太陽の後裔’ などで活躍した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1721753.htm, 2018/04/30 14:57:55]

‘ミストレス’ 側 “ハン・ガイン・シン・ヒョンビン・チェ・ヒソ・グゼイ ‘戦友愛’ 呼吸期待しろ”

‘ミストレス’ 主演俳優ハン・ガインシン・ヒョンビンチェ・ヒソグゼイがその間国内ドラマで見られなかった風変りな魅力で視聴者たちを目を捕らえた。このなかにドラマ製作陣がこれから彼らが見せてくれる呼吸と早い展開を予告して期待を高めた。ケーブルチャンネルOCN 新しいトイルドラマ ‘ミストレス'(シナリオコ・ジョンウンキム・ジンウク・演出ハン・ジスン) 製作陣は30日 “ハン・ガインシン・ヒョンビンチェ・ヒソグゼイが ‘戦友愛’という表現が似合うほどにがっちりしている呼吸を見せてくれている。そのエネルギーがカメラの外から中につながって没入感を高めるようだ”と “今後ともミステリーを能動的に導いて死骸と真実を隠そうとする君の友達の活躍とその後に隠された話を期待してくれ”と頼んだ。連れて “早い展開が開かれること”と明らかにしてこれから展開に対する知りたい事を引き上げた。ハン・ガインシン・ヒョンビンチェ・ヒソグゼイが主演で活躍する ‘ミストレス’は28日初電波に乗った。’ミストレス’は去る2008年イギリスBBCで放送された同じ名前ドラマが原作で、アメリカABCでもリメークされたことがある。秘密を持った君の女と彼らに絡んだ男たちの捻れた関係と心理的な不安感を描くミステリー官能スリラードラマだ。初放送ではミステリーしたことに会って疑問の殺人事件ともヨックで平凡だった日常が根こそぎドイフンドルリであるチャン世縁(ハン・ガインの方), キム・ウンス(シン・ヒョンビンの方), ハン・ジョンウォン(チェ・ヒソの方), ドファヤング(グゼイ分)の話が描かれた。固く団結して事件をかきわけて行こうとする君の友達の決断力は今後の展開に対する期待を高めた。劇で世縁は夫が世を去った後娘とただふたつが住むシンググルマム、恩讐は精神と医者、庭園は高等学校英語先生、ファヤングはローファーム事務長だ。四人はそれぞれ性格は違うがお互いに慰めになっていて、現実的な友達呼吸で視聴者と共感台を形成した。またお互いをよく分かって信じる四人は殺人事件に巻き込まれるようになった瞬間にも顔を寄せ合わせて死骸を隠そうと計画して犯人ではない ‘被害者探し’という独特の歩みを始めた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1721726.htm, 2018/04/30 12:02:39]

キムソヒ、5月 日 初ファンミーティング…海外活動第一歩

歌手キムソヒが日本ファンミーティングで海外活動第一歩を踏み出す。キムソヒは来る5月5日日本東京に位置したケイステイジオ(K-Stage O!)で ‘ゴールデンファンミーティング’を開催する。キムソヒはこの日午後2時と午後6時合計2回ファンミーティングを開いて日本ファンと一番目出会いを持つ。キムソヒは自分のSNSに “初めて日本ファンミーティングをするようになりました。いよいよ日本ファン方々に会ってとても震えてときめくようです。たくさん来て私と楽しんでいらっしゃったらと思います”と言いながら所感を伝えた。また日本語勉強をしている写真を公開しながら日本始めてファンミーティングに対するときめくことをあらわした。キムソヒは日本 ‘ゴールデンファンミーティング’でソロデビュー曲 ‘素服素服’を含めた多様な舞台と初めて会う日本ファンのための特別舞台を披露する予定だ。舞台以外にもファンと一緒に楽しむことができる特別なイベントも準備の中だ。一方、キムソヒは日本一番目ファンミーティングのために来る5月4日金浦空港を通じて出国する。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1721728.htm, 2018/04/30 10:24:36]

‘微雨の間’ キム・ジョングク ‘昆池岩’ 感想、恐怖に震える ‘筋肉マン’

‘微雨の間’で歌手キム・ジョングク(42)が弟(妹)たちと一緒にホラームービー ‘昆池岩’を観覧した。’能力者’ キム・ジョングクも ‘昆池岩’ 前では確な一般人だった。29日午後9時5分放送されたSBS 芸能番組 ‘また書く育児日記-憎いうちの子'(以下微雨の間)でキム・ジョングクは歌手ショリ、マネージャーなど知人弟6人と一緒に春の外出を出た。この日放送でキム・ジョングクと弟(妹)たちはカフェで余裕のあるようにブランチを楽しんで対話を交わした。和気あいあいした雰囲気を精一杯吹き出した人々は以後一緒に映画館を訪問して ‘昆池岩’を鑑賞した。’昆池岩’は昆池岩精神病院を素材にある映画で先月28日封切りした。29日基準観客数260万人を突破して興行に成功した。’昆池岩’は封切り当時から観覧客の間で特別な恐怖物で口コミに乗った。キム・ジョングクは恐怖に震えた他の仲間たちと違い物静かさを維持するようだった。しかし彼は普段食べなかったポップコーンを早い速度で吸いこみながら緊張した面貌をあらわして視聴者たちに大きい笑いをプレゼントした。キム・ジョングクは “見る時は恐ろしくないのに家に行って恐ろしいようだ”と運をテッダ。引き続きショリは “今日ののように寝ますか?”と聞いた。ここにキム・ジョングクは “今日は (ご両親が住む) 見るか安養へ行って寝なくちゃいけない”と返事して恐怖の程度を表現した。終始一貫恐ろしいけぶりをしなかったキム・ジョングクも結局 ‘昆池岩’ 前では ‘能力者’の敗北という屈辱を味わうようになった。彼は映画途中結局目をきゅうっと巻いて恐ろしさをふるい出すためでいた努力をした。壮健な男たちさえ恐怖にまいるようにたいてい ‘昆池岩’に視聴者たちの関心がもっと傾いている。’昆池岩’を置いてネチズンたちは “我が国のホラームービーの中で歴代級だ” “本当に恐ろしい。.. 鳥肌” “‘昆池岩’ 本当に恐ろしいようで。.. ホラームービー見られないのに見たくはある” などの多様な反応を見せている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1721719.htm, 2018/04/30 09:23:24]

ファンチャンホ心臓まひ死亡…彼女涙手紙 “私たち幸せだったんじゃないの”

12年目舞台俳優ファンチャンホが26日夜明け心臓まひで死亡した。享年32歳。故ファンチャンホの所属社マラソンエンターテイメントは故人が26日夜明け心臓まひで世を去ったし28日ソウル聖母病院葬儀場で出棺を終えたと明らかにした。引き続き所属社関係者は “所属社俳優たちを含めてファンチャンホ俳優と一緒にした多くの人々が三日間殯所を守った”と明らかにした。急な秘宝が周辺を切ないようにする中にファンチャンホの女友達の書いた手紙が涙腺を刺激する。ファンチャンホと女友達は社会関係網サービス(SNS)でデート姿を公開するなどきれいな愛を厚くして来た。故人の女友達は “昨日も一昨日も私たち幸せだったんじゃないの激。狂ったように私を愛してくれてよくしてくれてありがとうも話せなかったがすまないと言葉まだできなかったが言葉でもちょっとしてみて”と悲しくて痛い心境を伝えた。また他の文で女友達は “どこに少なければお兄さんが見られるか?一体どこにものを言わなくてはならないお兄さんが聞くことができるか?”と書いてみる人々の目頭熱くした。ファンチャンホはソウル芸術大学演劇科出身で2006年演劇 ‘ガラスの仮面Episode 5-また一つの魂’でデビューした。以後ドラマと演劇、ミュージカルなど多様な分野で活躍した。最近にはMBN ドラマ ‘延南洞539’, OCN ドラマ ‘その男汚水’ などで演技を広げた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1721718.htm, 2018/04/30 07:40:53]