‘被害女俳優’ パン・ミンジョン “苦しい時間” vs チョ・トクジェ “セクハラ犯ではないの”

nNPiLdB_o

女俳優強制醜行をおいて40ヶ月の法廷争うことを起こした事件は男性俳優の有罪に仕上げされた。最高裁判所が被害女俳優の手をあげてやると匿名で法的争うことをしたパン・ミンジョンさんが直接マスコミに出て、有罪を宣告された加害者チョ・トクジェは相変らず悔しいという態度を見せて今後とも論難は続くようだ。最高裁判所2部(キム・ソヨン最高裁判事)は13日午後3時10分開かれた上告審宣告公判で強制セクハラ致死疑いで裁判に越されたチョ・トクジェさんに懲役1年に執行猶予2年、40時間の性暴行治療プログラム履修を宣告した原審を定めた。最高裁判所が原審を定めようその間匿名で裁判を進行した反さんがマスコミの前に姿をあらわした。反さんは “お元気ですか、私は女俳優に呼ばれたチョ・トクジェ性暴行事件の被害者パン・ミンジョンです。チョ・トクジェは剛体セクハラと誣告の罪で今有罪確定判決を受けた”とし “40ヶ月の間あまりにも多いことを失わなければならなかった。性暴行被害者にも口舌に上がったという理由に敢えて渉外しなくても良い演技者で分類されて延期を長続くにも困って講義も切られたし人々も立ち去った”と説明した。それとともに “健康も、生の意欲も皆失った。性暴行被害を被れば法どおりしなさいと言ってそうしただけなのに私はすべてのものを失い、死んだほうがましだという考えをするほどに苦しい時間を過ごしている”と吐露した。反さんは “有罪判決を受けた今も私は彼らにまた他の被害を被らないか仕返しにあわないかあまりにも恐ろしい”と訴えながら “‘慣行’という名前の暴力は消えなければならない。’延期をかこつけた性暴行’は消えなければならない。’芸術’という名前で社会のルールを破壊したらそんな芸術はレゾンデートルがない”と強調した。引き継いで “今度判決がある個人の性暴行事件で止まないで韓国映画界の慣行を直すことができる良い先例で残るように願う。チョ・トクジェの行為、それは延期ではなく性暴行だ”と付け加えた。反さんが直接マスコミに出て今度事件を経るうちの過程と意味を説明したが、有罪を宣告された栗さんは相変らず受け入れることができないという態度を見せる。栗さんは宣告直後 ‘イーデイリー’とのインタビューを通じて “これ以上法のわくで無罪を召命する機会は消えたが、それでも自らを ‘強制セクハラ犯’と思わない”と悔しがった。彼は “監督の指示とシナリオコンテに当たる水準で演技し、オーバーしなかった。数十人のスタッフがわずか何m の前で二目を開いて見守っているのに強制セクハラをしたという話か”と言いながら “しかし相手俳優がシナリオとコンテ、監督の指示中で演技を広げたにもかかわらず一瞬に強制セクハラ犯になったら映画・文化界はもちろんこの社会に狂う副作用と悪影響が大きいこと”とその既存の主張を繰り返した。同時に栗さんは “有罪が出たが、その間心配と激励・応援のお話をくださった方々に深いご感謝の言葉を申し上げたい”と言った。一方今度事件は去る2015年4月、栗さんが映画撮影の中で女俳優反さんの下着を裂いてパンツに手を入れて身体部位を触るなどセクハラをした疑いで訴えられながら世間に知られた。1審裁判部は栗さんに無罪を宣告し、反さんが抗告した。2審裁判部は原審を壊して栗さんに懲役1年に執行猶予2年、40時間の性暴行治療プログラム履修を言い付けた。ここに不服した両側の双方上古で事件は最高裁判所で原審が確定されながら40ヶ月の法廷争いのピリオドを付けるようになった。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1733008.htm, 2018/09/13 19:12:46]