‘有罪判決’ チョ・トクジェ映像公開… “バン・ギムン甥を私が?”(映像)

hIYePdB_o

俳優パン・ミンジョン(38) 強制醜行疑いに対して最終有罪判決を受けたチョ・トクジェ(50)が悔しいという立場を表明して問題になった映画撮影場面を公開した。チョ・トクジェは13日フェイスブックに映画 ‘愛はない’ 撮影当時パン・ミンジョンが問題視した場面の撮影映像を公開した。そして長文の文を載せて ‘くやしい’と主張した。文でチョ・トクジェは “バン・ギムン前UN総長甥を映画撮影の中セクハラしたという希代の女たらしがまさに私と言うなのか”と運をテッダ。引き継いで “女俳優(パン・ミンジョン)は去るインタビューで私が問題の場面で一延期を取り上げて私がはじめから延期は眼中にもなくてただ性暴行をしようと決心したとその根拠で初撮影場面を言及した。これを根拠で2審の時の検事は公訴状を変更した”とし “私が延期をしたことか彼ら主張どおり性暴行をしたことか場面を見て判断してくれ”と訴えた。先立ってパン・ミンジョンは “チョ・トクジェは性暴行を決心して実際に拳で私の肩を殴った。とても痛くてその席に座りこんでしまった。その瞬間から延期ではなくセクハラだった”と主張したことがある。チョ・トクジェが公開した映像にはチョ・トクジェがパン・ミンジョンの肩を拳で殴る延期をする場面が盛られた。最高裁判所2部(デソヤング最高裁判事)はこの日開かれた上告審宣告公判で強制セクハラ致死疑いを受けたチョ・トクジェに懲役1年に執行猶予2年、40時間性暴行治療プログラム履修を宣告した原審を定めた。その間匿名を維持した原稿パン・ミンジョンはこの日最高裁判所判決後記者会見を開いて “性暴行被害を被れば法どおりしなさいと言ってそうしただけなのに私はすべてのものを失い、死んだほうがましだという考えをするほどに苦しい時間を過ごしている”とし “有罪判決を受けた今も私は彼らにまた他の被害を立地ないか仕返しにあわないかあまりにも恐ろしい”と言った。また “‘慣行’という名前の暴力は消えなければならない。延期をかこつけた性暴行は消えなければならない”と声を高めた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1733034.htm, 2018/09/14 11:20:47]