それが分かりたい ‘日帝強制占領期間強制徴用労動者’ 惨状再照明

cdSTVdB_o

SBS ‘それが分かりたい’が日製感情期強制徴用労動者たちの惨状を再照明する。15日放送されるSBS 時事番組それが分かりたい ‘禾太(樺太)から来た手紙-国家はどうして私を捨てたか’ 便では強制徴用被害者たちの経験した苦楚はもちろん彼らに対する被害補償問題と係わった司法部と青瓦台の ‘裁判取り引き’ 疑惑を扱う。去る2012年5月24日日製感情期強制徴用被害者たちが日本企業を相手に提起した損害賠償訴訟2審で裁判部は日本企業の賠償責任を認める主旨の破棄差し戻しを決めた。以後2013年最高裁判所に再上告された該当の裁判は5年が去る今までも結び目を作ることができなかったまま漂流の中だ。それが分かりたい側が強制徴用被害者たちの惨状を再照明することに最近ヤン・スンテ最高裁判所長官時代の司法部がパク・クネ政府当時 ‘裁判取り引き’を試みたという疑惑がはみでたことと無関係ではない。羊前最高裁判所長官は法院行政処を通じて政権と裁判取り引きはもちろん判事・民間人査察などをしたといういわゆる ‘司法壟断’ 疑惑を受けている。それが分かりたい側は “連日明らかになる衝撃的な司法壟断の陰後から、’日帝強制徴用被害者たち’は権力者たちの利益のために取り引きの対象になった”とし “司法部と青瓦台が隠密な取り引きをする間訴訟を提起した被害者たちは一つ二つ生を異にして、あまり残ってない被害者たちは今日も灰版の結論が出ることだけを念願しながら待っている”と説明した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1733111.htm, 2018/09/15 14:44:18]