‘高価戦略’ アイフォーン、200万ウォン台?ギャラクシーノート9と比べてみたら

RaJ7VdB_o

アップルが野心を燃やすように出した新型 ‘アイフォーン’ 3種の国内発売開始が切迫した中に彼ら製品の ‘身の代金’に対する関心も尻馬に乗って高くなっている。’高価政策’を固守して来たアップルの新製品に最大200万ウォンの超える赤札が付くことができるという観測が出ているからだ。15日業界によれば ‘アイフォーンXS’のアメリカ現地販売価格は999ドル(約112万ウォン)だ。上位モデルである ‘アイフォーンXS マックス’と基本形 ‘アイフォーンXR’はそれぞれ1099ドル(約124万ウォン), 749ドル(約84万ウォン)に策定された。問題は国内発売開始価格だ。ウォンドル為替レートと各種税金を加えれば、国内市場で販売される価格がふらりと高くなる可能性が大きい。実際にユジン投資証券は新型アイフォーンが国内市場で最大205万ウォンに販売されることと見込んだ。補給型モデルの価格も100万ウォンを上回るはずだという分析だ。サムスン電子の最新型スマートフォン ‘ギャラクシーノート9’の場合国内基準で512GB モデルが135万3000ウォンであるのと比べても最大70万ウォンの差が出る。アップルの新型3種が相対的に高い価格に発売開始されると言う(のは)観測は公式発売開始行事の前から申し立てられて来た。しかし去る13日アメリカカリフォルニア州クパチーノスティーブ・ジョブズ劇場で新製品公開行事を開いて新型 ‘アイフォーン’ 3種のスペックと価格が公開された以後 ‘予想よりもっと高い’と言う指摘が出た。ニューヨークタイムズを含めて多数現地マスコミでも “アイフォーンがもっと大きくなって早くなったが、もっと高くなった”と評価した。アップル専門媒体メックルモスによれば ‘高価政策’に対する指摘が絶えないことと係わってティム・クックアップル最高経営者(CEO)は “私たちはすべての人々に商品を提供するのを願う”とし “多い革新と価値を提供したら喜んで対価を支払う人々の領域があると思う”と明らかにした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1733115.htm, 2018/09/15 15:38:08]