“対立した10番(回), 別に隠しておいた汝自島子供もいない”

g1poZdB_o

パク・スホン(48)が只今新人時代である90年代初だけでもKBS 喜劇人室雰囲気は特に硬直されて位階秩序が明らかだった。その頃は筆者も芸能記者新兵で、軍旗がぐっとかかったまま層層侍下先輩たち機嫌をうかがって放送に適応するために苦しがる彼を見て同病相憐の感情を感じたことがある。パク・スホンは1991年KBS 1回大学ギャグ際出身で、彼との出会いを推し量ってみたらやや小さいでしょう28年目だ。以後今まで何回インタビュアーとインタビューこれに会ったが、今度はちょっと特別だ。第2の全盛期か。絶好調な魚のように放送街を歩き回りながらも取ることがあまりない。顧みたら30年近い活動期間の間熱愛説一番(回)なく、醜聞に縛られることもなしに放送スターで余勢を駆って勝つ姿は驚き自体だ。それでインタビューを要請した。一体結婚もしなくて、醜聞もない理由を聞きたかった。インタビューは13日午後12時20分から1時間ほど進行された。忙しい日程の中で時間を合わせて見ると昼休みを利用するようになった。-時間を渡してありがとう。最近分秒を惜しんで走り回る姿を見て、インタビュー要請するのがすまない位だった。放送デビュー以後今が一番忙しく暮しているようです。20代~30代盛んでいる時も享受する事ができなかった人気を逆説的にも四十後半にこんなに満喫していますね。私がいくら忙しくてもドペックト川記者様会う時間はペヤですよ。パク・スホンは現在SBS ‘憎いうちの子’, KBS2 ‘happy together3’, MBC ‘歳暮部屋:世の中のすべての放送’, チャンネルA ‘風聞でドルオッショ’, Eチャンネル ‘別居が別の事か’ 外にすなわち放映される新規プログラム出演を控えている。-一体どうしてこんなに忙しいか?一日も休む日がないようだ。そうです、やっと手におえるほどぎりぎりです。いっぺんに固定プログラムをこんなにたくさん任せた初めてです。放送スケジュール片手間にこまごましい行事MC 渉外があって、ホームショッピング出演とコンサートまですれば一日三四ケずつ日程を消化しなければならない状況です。パク・スホンのイメージは安らかさだ。彼は目立つために人為的に特定色を加える無理押ししない。或者は強い漢方がないと評価切下げしたりするが、実はどんなパートナーでも包容が可能なパク・スホンばかりの柔らかさおかげさまで重なるのが可能で、長期間多作出演が容認されるわけだ。-放送がこんなに多いからCFやホームショッピングみたいな場外活動に差し支えがないか。そうではあります。ところでいくら減らそうと思ってもすべて避けることができないスケジュールです。私のブランドを掲げたホームショッピングプログラム出演もところが仲間コメディアンたちと公演中のライブコンサート(‘コメディーリサイトル’)は絶対抜けることができません。元々は一回ばかりすることにしたことなのに反応が良くて全国ツアーにつながったんです。-ささいなことでもイメージに傷ついて座礁しやすい所がすぐ芸能界だ。いつ一番大変だったか?私は強く運が良い芸能人です。デビュー以後ほとんど着実に休まないで活動をしたからです。ぴったり一回あったがすぐガムザゴールパドングですよ。幸いにその時がデビュー初期なので致命的傷は避けたようです。むしろ厄落としになって以後薄氷板みたいな道に気を付けながらよく歩いて来たようで。パク・スホンが言及した ‘ガムザゴールパドング’は93年1月放送街を賑やかにさせた事件だ。パク・スホンはデビューしてからわずか2年目にキム・クックジンキム・ヨンマン金洙容と一緒に一名 ‘ガムザゴール4人方’で活動して当代最高のコメディーチームと認められた。先輩たちの牽制と酷使水準の放送出演などに苦しがって活動を全面中断して留学を行った。-とてもずいぶん前の話で当時直接取材した記憶もあるが最近状況と違う特別な理由があったか。川記者様があまり存じることだが、当時には放送社や先輩たちの力が莫強したでしょう。今のように企画社やマネージャーがいた時代でもなくて。新人の時手におえることができない位全盛期があまり早く尋ねて来て見ると多くの副作用が発生したのです。人気は聳えるのに呼ぶには多くて、誰か適切に緩急を調節してくれなければならないのにそれが支えていたわけです。放送社のスケジュールに追い出されて結局振り返えることができない状況で追い出されたわけです。ガムザコルパドングは一種の試練だった。この時だけでも放送社公採は放送社の専有物だったし、利敵も易しくなかった。そうしたら放送社では安い値段に起用することができる公採出身たちをこのプログラムあのプログラムにたくさん出演させた。早く羽の折れた心残りはあるが、実はこの事件はギャグ係に残した意味も大きい。最初のコメディークルーで活動したという点で彼らは以後SBS 中心のホン・ノッキイ・スンホピョ・インボンキム・キョンシックイ・ドンウなどが結成した ‘ティンティンパイブ’ 誕生とともにギャグコンサート世代のスタンディングコメディーでバトンを引き続く通路を開いてくれた。-全面活動を中断して自発的に去った後また戻るにも易しくはなかったのに。個人の間違いや過ちではないシステムの問題だったのにすべての被害を私たちが引き受けたんです。悔しい部分はあったが受け入れるしかなかったんです。その年2月告別放送を終りに皆アメリカ留学を行くことにしたがクチニ兄さんと竜だけが兄さん(型)だけ去るようになりました。収容が兄さん(型)はビザ問題で行けなくて私はちょうど入営令状が出て軍服務をするようになったんですよ。ビザ問題でアメリカ行が挫折されてもう軍服務を終えた状況だった金洙容は先輩たちの逼迫を甘受しながら一番先にコメディー係に復帰した。キム・クックジンキム・ヨンだけはガムザゴール波動がどの位鎮まった頃の1995年に帰国してMBCで2000年代初盤まで絶頂の人気を享受して、一歩遅れて軍服務を終えたパク・スホンもKBSではないSBSとMBCで徐々に自分の領域を広げて行った。-会えば一番先に聞いてシブオッドンゲ結婚話だ。しないが、できないか?率直に言います。今でも良い女会ってきれいな娘生みたいです。昔も今も一番楽で負担のない拜披に会って安定したねぐら立てるのが夢です。子供達が大好きなのにいざ私には2歳を作る縁がないですね。皮肉としか言いようがなくもパク・スホンはマッチングプログラムをたくさん進行した放送MC 中一人だ。また誰よりも結婚の意味をたくさん強調して伝えてウエディング会社を運営したりした。彼は “綱紀者様を二十歳時初めて会ったから本当に古かった”と “あの時ちょうど結婚したという話聞いて本当に羨ましかったが私はまだひとり”と言いながら自ら切なさを表示した。彼は “今すべてが用意していて、パートナーだけ会えば良い”と言ったりした。パク・スホンは2007年ウエディングプランナーたちが選んだ ‘結婚したい男芸能人1位’に上がったことがある。-もし何か話せない事情でもあるのではないか?周辺近い方々の中には私が一番先に家庭を立てることアルアッゴドルします。普段私をよく分かるからです。ある方々は “どこ隠しておいた女と子供でもいるのか”と聞きます。どんなにせっぱつまればそうであろうかたかったりします。本当、あのいじめで隠しておいた子供はいないです。そのまま一度笑って越すに値するこんな話すらパク・スホンには深刻に見えた。実際芸能界では俳優ユン・ダフンやキム・スンヒョンのように隠しておいた2歳が後日公開されることがたびたびあった。未婚の男だけで知られた歌手パク・サンミンは去る2010年当時妻とドタルを置いた状態で一歩遅れて結婚したことがある。-独身を固守するという話も聞こえる、まだ切実ではないことか。チュ・ビョンジン先輩が言うんですよ。忙しくてうまく行く時は分からなかったが経ってみたらフフェスロブダと減らす婚期を逃さないでねで。私の状況を敢えてチュ・ビョンジン先輩と比べることはできないが切実さが減ったことは事実です。確かに申し上げることができることは絶対独身主義ではないということです。-結婚する意思がいたら目の高さをちょっと低めなければならないのではないか。目の高さです?もうたくさん下ろしました。私は私がすごいと思ったことがただ一度もないからもし愛する人ができればすべての基準をその方に合わせるつもりです。たとえ結婚ができないとしてもこれは神様が決めた事で受け入れて満足するつもりで。-周辺で良い方を紹介受けたりお見合いをするのはどうなのか?あ、線です?事実はお母さんズビョンブンドルがたびたび推薦をして10人位紹介を受けて会ったが不幸にも縁があらなかったんですよ。それさえも7年前からは紹介受けることもてんから中断しました。何年前チョン・ウォンジュ先輩が良い箱入り娘と言いながら一人紹介してくださると言ったが私の意志とかかわらず間違えば欠礼になるようであきらめたんです。パク・スホンは結婚問題に対してはずっと真摯な立場を明らかにした。その理由に対して自分の真率さとダリ ‘若やでも軽くて不真面目に見えるかどうかわからなくて’と言った。彼は ‘人為的ではなくて自然’を強調した。それとともに “結婚も一つの選択で過程であるだけ結婚が人生の目標になるような姿は不便だ”と言った。-‘微雨の間’にお母さん(ジインスック女史)が出演した以後息子よりもっと顔が売れたという話が出ている。お母さんが顔が売れながら急に芸能人家族になったです。初めには私もお母さんも皆心配をたくさんしたんです。夫婦出演や婦女または母女など家族プログラムでイメージのよくならない場合がたまにあったでしょう。プログラムコンセプトによって違うが、お母さんがスポットライトを受けながらむしろ私にはプラスイメージ効果が生ずるんですよ。-(所属社が) 芸能人家族を越してかなりの中小企業が羨ましくない水準だと聞いたが何の話なのか知りたい。私ははじめから私の実兄(パク・ジンホン)がマネージャーをして来て今はその企画社を中心に一家が団結しています。弟(妹)(パク・ジュンホン)が有名芸能作家なのに、実は私も放送活動に必要なトレンドやアイデアなど陰で陽でものすごい助けを借ります。ところで予想できなくお母さんまで私のイメージに肯定的お手助けになったらシセムオリンうわさが立ったようです。パク・スホン親は息子だけ三つ(真紅-スホング-ズンホング)を置いた。3兄弟の中で末っ子であるパク・ジュンホンは ‘じゃがいも’という芸能作家集団の共同代表(パク・ジュンホン-グァックサングワン-パク院優-キム・ジェホン)で、こちらには芸能作家だけ50人が布陣している。過去 ‘良心冷蔵庫’ ‘感嘆符’ から ‘ラジオスター’や ‘ボックミョンがワング’ など国内かなりの有名芸能番組が網羅されている。-青少年期には経済的にとても大変だったと聞いた。今はどうなのか。お父さんが事業に失敗しながら加勢が大きく傾くせいで本当に大変だったんです。食事を飢えるほどだったからです。デビュー以後にもしばらくお父さんが残しておいた借金を返すために喘いだんです。もしかしたらうちの3兄弟が経済的自立のためにもっとしつこく住んだかも知れないです。今はかえってお父さんに感謝した心です。全家族が固く団結して勤倹節約して熱心に買うきっかけになったからそれが山教育になったわけです。規模を明らかにすることはちょっとすぽっとスロブジだけ今は小さいビルも用意したんです。-最後に最近最大の関心事が何か?人生のバケットリストがあったら話してくれ。安息年、いやアンシックワルでも持つのですよ。実はデビュー以後ほとんど一番(回)も休んでみたことがないんですよ。余裕のある時間を満喫して国内と海外おいしい店ツアーを必ずやってみたいです。私を含んだ3兄弟がご両親仕えて皆一緒にする旅行機会も作るつもりです。スケジュールが多くない時は萎縮になって、スケジュールが多い時は忙しいという言い訳で実行ができなかったんですよ。実はパク・スホンは去年一番目バケットリストを完成した。小さい頃音楽(歌手)が夢だった彼はアルバムを出してムービーを取って自らにプレゼントをした。それでそうか忙しく暮しながらも心の余裕を探したようにインタビューの間明るく見えた。午前生放送を終えるや麻子辞書約束されたスペシャルインタビューのために上岩洞社屋を探した彼は次のスケジュールを消化するためにお昼もおいたまま忙しく動いた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1733080.htm, 2018/09/16 05:00:01]