‘遠征性売買’ 罰金刑経って近況公開眺める冷ややかな視線

vmSaYdB_o

歌手過ぎ去って近況を公開したことを置いてネチズンの間で ‘甲論乙駁’がつながっている。去る2016年 ‘海外遠征性売買’という衝撃的な事件で芸能なの活動を中断した状況で適切ではない行動という評価と個人の自由な意思表現であるだけ、’魔女狩り’式非難をしてはいけないという意見も出る。経つ去る14日インスタグラムに知人たちと一緒に撮った写真とともに “私は幸せで感謝する。君たちが私をまた笑うようにしてくれた”と言う文を書いた。ジナの芸能なの復帰説が睡眠に上がったことは該当の掲示物に彼が付け加えたハッシュタグのためだ。”#friends #family #GNIS #missyou #loveyou #thankyou #seeyousoon”というハッシュタグの中 “すぐ会います(see you soon)”というメッセージが事実上芸能界復帰を暗示することではないかと言うのだ。経つ先立って2015年アメリカなどで在米韓国人事業家2人と性関係を結んでその対価で数千万ウォンをもらった疑いで裁判に越された以後去る2016年5月性売買斡旋など行為の処罰に関する法律違反疑いで罰金200万ウォンの判決を受けた以後すべての芸能界活動を中断した。当時彼は “合コン形式で好感を持って会ったこと”と言いながら性売買疑いを否認したが、裁判部はこのような主張を受け入れてくれなかった。遠征性売買事件以後ジナのソーシャルネットワークサービス(SNS) 活動が口舌に上がったことは今度が初めが初めではない。経つ去年にもインスタグラムを通じて “多い障害物と心的苦痛、絶えないルーマーに包まれたが私を信じてよってくれたファンお陰にあきらめなかった”と言う内容の文を書いて論難をもたらしたことがある。当時ネチズンたちは過ぎ去って裁判部から性売買疑いと係わって有罪判決を受けて罰金処分まで受けた状況で ‘ルーマー’という表現を使ったことを置いて “ファンに対する謝りとまともにできた解明もなしに責任を回避する”と冷ややかな反応を見せた。今度ジナの近況公開も雰囲気が特に違わない。ポータルサイトとオンラインコミュニティ掲示板などには “時間が解決することができる次元の問題ではない” “罰金刑が確定された状況で大衆の前にまた立つことは話にならない” などネチズンたちの指摘が相次いだ。一方、盲目的な非難を慎まなければならないという声も出る。また他のネチズンは “(過ぎ去って) 芸能界復帰をすると公式的に明らかにしない状況で ‘魔女狩り’式で責めてはいけない”と憂慮する反応を見せた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1733130.htm, 2018/09/16 00:00:02]