ジーコ・エール里・キム・ヒョンソクなど、南北首脳会談の訪北お供する★野

J7CbceB_o

グループブルラックビメンバージーコ、歌手エール里、作曲家キム・ヒョンソクなど多数文化芸術人が平壌を尋ねる。第3次2018 南北首脳会談特別随行員は18日午前北朝鮮平壌に向ける。去る16日イム・ジョンソク青瓦台秘書室長は今度南北首脳会談のためのムン・ゼイン大統領平壌訪問に一緒にする北朝鮮訪問団名簿を発表した。公式随行員は皆14人で、政治経済社会文化市民社会など各界各層人士52人で構成された。文化芸術体育分野にはジーコエール里アリキム・ヒョンソクチェ・ヒョンウなどが含まれた。今度の訪北で母方が失郷民であるキム・ヒョンソクは晩餐石像で ‘私たちの願いは統一’ ‘アリラン’ などを新しく編曲してピアノで演奏する。彼はこれを控えてSNS(社会関係網サービス)に文を載せて “音楽を通じて南と北がもっと近くなることができるように役目に最善をつくす。成功的な会談になるように祈る”と望むことをあらわした。知らせる去る3月に引き続き二番目平壌訪問だ。ジーコエール里チェ・ヒョンウは初訪問であり、それぞれラッパー、アメリカ国籍者、魔術師として異例的に名簿に名前をあげて人目を引く。訪北を控えてジーコは所属社を通じて “2018 南北首脳会談特別修行者名簿に含まれてすごく栄え栄えしく思う。大きい席に招待してくださった位引き受けたところ牛なのを終えて来る。感謝する”という所感を明らかにした。エール里も所属社を通じて “2018 南北首脳会談特別随行員で参加するようになって光栄”と言いながら “南北が交流する意味深い席であるだけに良い姿お見せするように最善をつくして来る”と抱負を伝達した。今度南北首脳会談はこの日から20日まで進行される。イム・ジョンソク秘書室長は “彼らが作り出す平和の和音が南北関係のふんだんな秋を描き出すことに期待する”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1733294.htm, 2018/09/18 09:31:20]