求めろ・彼氏、別離→暴行暴露戦→警察署で真実攻防

aF8R9dB_o

極めて私的な恋人の別離が、暴行によって功績な事件で拡がった。歌手兼俳優グハラと彼の恋人だったAさんの話だ。二人はお互いに暴行にあったと被害写真を公開することも足りなくてマスコミを通じて暴露戦を広げた。結局二人の真実攻防は警察署でつながるようになった。Aさんは17日午後朝鮮日報と会って “グハラの過ち認定をもとに仲直りのために努力した”とし “しかし ‘双方暴行’ ‘家宅侵入’ などの主張に引き続き嘘が盛られている内容でインターネット媒体ディスパッチとインタビューするによってこれ以上仲直りは無意味だという判断によって警察署に出頭してすべての真実をバックヒゲッダ”と明らかにした。求めろという17日午前、ディスパッチとインタビューで “Aさんが悪口をしながら押しのけた。Aさんが私のお下げを取って振り回した”とし “ホワイトボードで (私を) 押しのけ、エアクリーナーも投げた。私もその過程で (彼を) 引っ掻いた。ひどく争った。身にあざができるほどに”と言いながら双方暴行をしたと主張した。引き続き彼は “Aさんが家を出て ‘あなたX ドエバだと。芸能人人生終わるようにしてくれる’と言った”とし “‘ディスパッチ’に情報提供するという話も言った。私はどうしても防ぎたかった。それでまたカトックを送った。会って話そう”と言った。これはAさんが去る15日朝鮮日報を通じて明らかにした言葉と違う。Aさんは朝鮮日報とインタビューで “私は生まれてどんな誰にも拳を振り回したことがない。しかも女にはそんな敵がいない。もし九夏ラーガあざができたら私を殴って引っ掻く彼女を鎮めるために身体的接触があっただけ、直接的な私の拳や他の暴力によったことではない。これは誓う”と双方暴行ではないと主張した。このように二人は行き違った主張をしている。同時にお互いに暴行された写真まで公開してどろけんかを始めた。平凡かも知れなかった男女の別離が暴行事件に変わったのだ。どれが真実で嘘でも、二人は私的な部分を拡大して論難を起こしていることは明らかだ。求めろ所属社コンテンツワイは “グハラと連絡になったりしたが個人的な部分だから詳らかに申し上げにくい”とし “警察の調査と係わっては法務法人側に確認してくれ”と言う立場を明らかにした。ネチズンは多様な意見を見せている。一部ネチズンは九夏ラーガ公開したあざ写真に “その間潜り打綿書たくさん準備したな”(rose****) “体当りけんかであって当たって生ずる部位ではないね。怒れば顔を殴るの”(cown****) “手の甲はリングゴザウックない?針自国あってその上にあざが広がり”(yong****) “お酒飲んで理性失った男が女ぶんなぐったら求めろ顔からザックサルナッジ”(wimb****) など信頼が行かないと懐疑的な反応を見せている。また一部ネチズンは “男が警察呼んで争ったこと情報提供して。..求めろ女芸能である身分アックヨングハンゴラしか見えなさ”(chy7****) “男、ハラグにお金を望むのか?二つとも真実を”(anne****) “直接的に殴らなかったが押しのけて投げてそれで生じたあざみたいだね。男もごみ区だけ”(jopa****) などのAさんにも非難の声を出している。一方では “むさ苦しい本当。二つとも”(naea****) “二つともまったく同じなようなのに”(yeon****) “二つともかわいそうだ。泥沼戦。私たちはそのまま不具頃”(tuto****) “顔をその地境で作れば私でも回ってしまうが。..彼氏と言うやつも良い奴は私を~つけてなかったし。.そうだから二つともまったく同じな部類~~芸能人は芸能人どうし会うと終わりがきれいなの”(roll****) “愛した人々が敵になれば残忍だ残忍なの”(sagu****) などどろけんかに導いた二人皆に冷ややかな反応を見せた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1733234.htm, 2018/09/18 00:00:02]