‘107日間のミステリー’ 范冰冰、どこにあったか?

n07R9dB_o

‘拘禁’ ‘亡命’ などのうわさを生んで世界的気を引いた中国有名女俳優范冰冰(範)の近況が107日ぶりに知られた。范冰冰は107日間どこで何をしただろうか。17日香港ビングァ日報(果日報)は ‘二重契約’による脱税スキャンダルに包まれた後足跡を隠した范冰冰が自宅にあると報道した。范冰冰は税務当局の脱税関連の調査を受けた後北京自宅で帰って門外不出しているというのだ。報道によると范冰冰は無事に自宅に帰って来て謹慎の中だと報道した。拘禁、亡命などあらゆるうわさが広まって多かったはずで彼の自宅謹慎消息はそれさえも幸いで見られる。新聞は消息筋を引用して政府が范冰冰に対して自分に関するどんな消息もしばらく外で漏らさないでねと強力に要求しながら彼は外部と接触を切った状態で家に泊まっていると言う。最終調査結果が出なかったし、彼も有無罪どっちで結論が出るかを待つおくれろということが消息筋の言い伝えだと新聞は報道した。先立って范冰冰は去る5月末中国著名放送人ツイユングウィアン(崔永元)が二重契約で作成と脱税疑惑を提起しながら各種当て推量に巻き込まれて6月に入って行方がはっきりしなくなった。彼の消息が知られないのにオンラインでは范冰冰が女性公安要員の間で手かせと足かせが冷たい組写真まで登場した位だった。范冰冰が論難後どんな消息も伝えなかった状況でグループナックファチルザメンバーでありながら彼の弟であるパンチォングチォングが去る9日ファンミーティングで涙を見せて嗚咽したという報道が出た。パンチォングチォングはファンミーティングで “最近仕事が多かった。今度仕事をきっかけで私はもっと勇ましくなることができること”と言いながら “いつになるかは分からないがまたお会いできること”と言いながらお姉さんである范冰冰の身の上に異常が生じたことを暗示した。パンチォングチォングはまた “実は本当に泣きたくなかった。ファンと久しぶりに会ったからこんな話をしたくなかった”と “家族を保護することができる力があったら良いだろう”と望むことをあらわしながら范冰冰を取り囲んだうわさは事実である可能性に重みが加わった。さらに中国実権者の性上納要求を拒否、各種弾圧と圧力を受けている途中范冰冰がアメリカで亡命したという説が出回ったりした。しかし范冰冰が自宅にあるという近況が伝わりながらその間流れた拘禁、亡命などのうわさは一切りつくようになった。ただ、107日間范冰冰がどこでどうしていたかは相変らずミステリーだ。范冰冰の口を通じて果たして107日間の行績の明らかになるか帰趨が注目される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1733269.htm, 2018/09/18 00:00:02]