パン・ミンジョンvsチョ・トクジェ、終わらない ‘真実攻防’

UZJPheB_o

映画 ‘愛はない'(張勲監督)はパン・ミンジョン、キム・ボソン、チョン・ソヨン、パク・ノシック、イ・チョルミンなどが出演した作品で2016年11月7日封切られた。過去の光栄の中に住んだ映画俳優と同時に40台一番ドングハ(キム・ボソン)が初恋恩情(パン・ミンジョン)に会う話だ。切なくも観客数はやっと284人(映画振興委員会映画館入場券統合ネットワーク公式)に過ぎなかった。映画ではどうしても言及するのに面目ない位見窄らしい成績表にも大衆的関心と好奇心は大きかった。俳優チョ・トクジェが撮影途中合意されない状況で相手女俳優(パン・ミンジョン)の下着を裂いてパンツに手を入れて身体部位を触るなどの強制セクハラ致傷疑いに起訴されながらだ。二人の俳優は果てしないどろけんかをし、映画界を越してごつごつした感じな社会的イシューに滲んだ。映画撮影現場で始まったセクハラ論難は以後女性係及び一部映画団体などが加勢して声を出しながら映画界にも葛藤と波長をもたらした。当時匿名Aさんに言及されたパン・ミンジョンとチョ・トクジェのセクハラ攻防は故意性可否によって法の判断も変わるなど陣痛を経験した。2016年12月開かれた1審で検察はチョ・トクジェに懲役5年を求刑したが判決は無罪だった。◆ 正当な延期行為 ‘1審無罪’ vs 故意性認定 ‘2審有罪’, 最終結論は有罪1審判決後女性団体たちは “女性に対する暴力を裁判所が黙過したこと”と言いながら反撥した。女俳優側の要請に従って公開裁判に転換された2審では全国各地で集まった ‘女性傍聴連帯’ 会員80人が直接裁判を見守ったりした。2017年10月13日ソウル高等裁判所はチョ・トクジェに懲役1年に執行猶予2年、40時間の性暴行治療プログラム履修を宣告した。’2審有罪’ 判断は単純延期行為ではない故意性を認めたからだ。1審を覆したこの判決はもう一つの論難を呼んだ。監督の指示による延期を一俳優がセクハラ犯に追われることが妥当韓紙に対する指摘だ。これはチョ・トクジェの立場(入場)をそっくりそのまま代弁したわけだが、有罪判決直後一部映画人団体と女性団体の圧迫に屈服したという主張まではみでた。先立って1審裁判部は “強制セクハラ可否を判断するためには相手女俳優の陳述にだけ寄り掛かるのではなく映画全体ストーリー、監督の意図、そして俳優が延期基準にするシナリオ、コンテ、監督の指示などすべての考慮事項を前提に判断しなければならない”と “セクハラ疑いは監督の指示による延期行為として正当行為で判断される”と判決文に指摘した。◆ ‘希望の火種’ vs ‘緋文字’ 真実攻防、40ヶ月攻防後にも相変らず進行形相手女俳優パン・ミンジョンが最高裁判所正門の前で初めて実名を明らかにして出たことは2015年4月チョ・トクジェが映画撮影現場でセクハラをした疑いで裁判に越されてから40ヶ月ぶりだ。パン・ミンジョンは去る13日最高裁判所が強制セクハラ致傷など疑いに起訴されたチョ・トクジェの上告審で懲役1年に執行猶予2年を宣告した原審を定めるやいなや直接出て積もった本音を打ち明けた。パン・ミンジョンは “匿名で法的手続きを踏んで問題を解決する間 (チョ・トクジェは) 2審で有罪判決が出ると性暴行事件の事実関係を歪曲してイ・ジェポなどを動員して私に対する悪意的な虚偽事実を長続いて流布した”と “(これにより) 大衆が私に対する偏見を持つようにしてこれは誹謗レスなど追加街日に続けて生を維持する数さえなくなった”とべそをかいた。誰かには ‘希望の火種’がもう一つの誰かには ‘緋文字’で残ることができる。パン・ミンジョンは “洗うことができない傷ついた”と性暴行被害者たちと連帯するという立場を明らかにし、チョ・トクジェは “(最高裁判所) 判断を受け入れるが尊重することはできない”と映画撮影当時映像をSNSに公開した。法廷けんかが終わったのに両側の攻防が相変らず現在進行形である原因はなにか。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1733423.htm, 2018/09/19 08:43:06]