“警察調査ですべて明らかにする” 求めろvs 彼氏、真実は何?

f8OIfeB_o

歌手兼俳優グハラと私は彼氏Aさんが暴行事件の是是非非を選り分けるために警察に出席した。二人は “警察の調査ですべてのものをすべて明らかにする”と言った。彼らの言う真実は何だろう。求めろという18日午後3時ソウル江南区江南警察署に調査のために法律代理人と出席した。彼は “誰が先に殴ったことなのか”と言う取材真義質問に “誰が先に殴って以外にの問題ではなくて、警察の調査で疑いが明らかになること”と言った。引き継いで “調査にまじめに臨むはずで、調査を通じてこれから解決する問題だ”と短く立場を明らかにした。約5時間の調査を終えた求めろという取材陣の質問に黙黙無答に一貫し、車に乗る直前倒れた。前日の17日午後9時にはAさんが江南警察署に出席した。彼は “ディスパッチで記事化された(グハラのインタビュー) 内容は事実ではない。産婦人科診断書に関する内容を直すために出席した”と言った。引き続きAさんは “先に殴ったのが当たるのか”と言う取材陣の質問に “その部分は調査で言う”と返事した。暴言と無断侵入に対しては返事しなかった。グハラとAさんは暴行の跡を見せてくれるためですから顔に絆創膏を付けて取材陣の前に現われて “警察ですべてのものを明らかにする”と言った。主要争点は双方暴行、住居侵入罪可否だ。しかし二人は重要事項に対して曖昧な返事を列べた。双方暴行を主張している求めろという取材陣の前で “誰が先に殴って以外にの問題ではない”と返事した。誰が先に殴ったのか、自分防御のためのポックヘングイオッヌンジが核心である問題で彼は曖昧な返事を出した。一方的に当たったと主張したAさんは暴行可否に対して “その部分は調査で言う”と返事した。住居侵入に対しては返事しなかった。その間固守した各各立場(入場)で少しずつ脱する返事だ。彼らが主張する真実に疑わしい瞬間だ。真実は結局警察調査で明らかになるでしょう。それでも今度事件は二人が合意しない以上だとけんかになることと予想される。特にどろけんかで蕃鎭現在、二人に今度事件はイメージ失墜と人生に消すことができない跡で残るでしょう。一方、ソウル江南警察では去る13日 “グハラの自宅であるソウル江南区論硯洞所在の一ビラで九夏ラーガの前彼氏Aさんを暴行したという申告を受け付けて出動した”と明らかにした。当時警察は現場で二人の陳述を確保したし求めろという双方暴行を、彼氏Aさんはグハラの一方暴行を主張した。以後二人は言論とインタビューを通じて相反した主張を引き続き、17日、18日警察に出席して調査を受けた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1733373.htm, 2018/09/19 00:00:01]