“ミスキャスティング”…’キャプテン・マーベル’ 予告篇公開、ブリラスン向かった ‘甲論乙駁’

ErqzleB_o

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU) 一番目女性ヒーローソロムービー ‘キャプテン・マーベル’ ティーザー予告篇が公開された中に国内で主演俳優ブリラスンキャスティングに対する甲論乙駁がつながっている。映画 ‘キャプテン・マーベル'(監督エノ見ても・ライオンプルレック) 側は18日遅い夜(韓国時間) ティーザー予告篇を全世界に公開した。以後予告篇は国内映画ファンの大きい関心を受け、映画と係わったキーワードはポータルサイトリアルタイム検索語上位圏を占領した。2019年初マーブルスタジオ作品 ‘キャプテン・マーベル’はキャロルデンボスがネッキピュリに会ってマーブルシネマティックユニバース史上一番力強いヒーローキャプテンマーブルで生まれかわる話を描く。国内はもちろん全世界映画ファンの関心度が高いヒーローシリーズの新作だから予告篇公開に熱狂的な反応がつながっている。’キャプテン・マーベル’に対する期待感と一緒に零れ落ちたことはキャプテンマーブルで生まれかわるようになる空軍パイロットケではデンボスキャラクターを演技した俳優ブリラスンキャスティングに対する憂慮の視線だ。’ブリラスンはキャプテンマーブルキャラクターで似合わない’ ‘ブリラスンよりはエミリー・ブラントが適役ではなかったか’ などの意見が出る。ブリラスンは1989年生で、去る2005年歌手にデビューした。以後 ‘ユナイテッドステートオブ乗りなさい’ ‘ルーム’ ‘豆:スカルアイルランド’ など多数映画に出演して俳優に活躍した。’キャプテン・マーベル’は来る2019年2月国内、3月8日北米封切りを控えている。果してブリラスンがミスキャスティング論難を踏んで国内映画ファンの心を捕らえることができるか関心が集まる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1733525.htm, 2018/09/20 00:00:02]