‘私の後にテリウス’ ソ・ジソブが帰って来た

lozv4eB_o

ソ・ジソブのソ・ジソブによるソ・ジソブのためのドラマが現われた。MBC 新水木ドラマ ‘私の後にテリウス'(シナリオオ・ジヨン、演出パク・サンフン) 話だ。ソ・ジソブがKBS2 ドラマ ‘五マイヴィーナス’ 以後2年半ぶりにテレビ劇場に帰って来た。久しぶりに復帰しただけそれに対する関心は高かった。27日ソウル麻浦区上岩洞MBC ゴールデンマウスホールで開かれた ‘私の後にテリウス’ 製作発表会にはソ・ジソブを見るためにファンとMBC 職員たちが寄り集まって人だかりを成した。普段製作発表会では見られない風景。ソ・ジソブはかなり緊張した姿を見せた。彼は “ドラマは久しぶりだからたくさん緊張されて震える。初放送も震えながら見るようだ”と所感を明らかにした。引き継いで “おもしろく撮影しているから見る方々もおもしろく見るようだ。諜報、アクション、コミック、ロマンスなど多様に入っている”と言ってドラマに対する期待感を高めた。パク・サンフンPDはソ・ジソブと一緒に作業することに対して大きい満足感を示した。彼は “普段本当に一緒に働いてみたい学んだ。運が良く初ミニシリーズデビュー作でソ・ジソブと一緒にするようになって本当に良い”と言った。引き継いで “がキャラクターはソ・ジソブでなく他の方を思い浮かべることができない位だ。厳晨三輪ゴドックミでは最高だ”と褒め言葉を惜しまなかった。それとともにパクPDは “オ・ジヨン作家と作業しながら立派な俳優がこのシナリオを調べてくださると期待したが (ソ・ジソブが) 一番(回)に調べた”と説明した。この日現場はソ・ジソブのための席と言っても過言ではない位に彼に質問が絶えず零れ落ちた。ソ・ジソブは気持ち良いほほ笑みをたたえながらも負担をこっそり仄めかした。彼は “視聴率がもちろん重要だが多くの方の胸に作品が残るのかアニニャが重要なようだ。最善をつくして長い間胸の中におさめることができるドラマ作るように努力する”と言った。ソ・ジソブは劇の中で転職NIS ブラック要員、現職ベビーシッターであるキム本役を務めた。前作映画 ‘今会いに行きます’に引き続きもう一度子役俳優たちと呼吸を合わせるようになった。彼は “今度作品でも子供達ときれいに撮影している。ところで二人は確かに大変だ。お母さんたち本当にすごいようだ”と言って笑いを催した。それとともにソ・ジソブは ‘私の後にテリウス’の観戦ポイントを一言で整理した。”ソ・ジソブが育児をする。”‘私の後にテリウス’はソ・ジソブ外にも ‘ウラチァチァワイキキ’に出演して関心を集めたチョン・インソンと俳優ソン・ホジュン、イム・セミなどが出演する。この作品は消えた伝説のブラック要員と運命のように諜報戦争に跳びこんだ向こうの家女の疑わしい幻想の諜報協業を描いたドラマだ。27日午後10時、4回連続放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734035.htm, 2018/09/27 16:28:14]