‘流布’ チャン・ドンゴン、ヒョンビンとこれ抜いてすべてやってみた?

oe309eB_o

芸能界代表 ‘親友’でうわさが立ったチャン・ドンゴンとヒョンビンはお互いに横にあって楽だというようしきりに目をあいながら微笑んだ。普段製作報告会長でくるくる回わった緊張感はなかった。いつよりも明るくて楽な雰囲気の中で映画 ‘流布'(監督キム・ソンフン) 製作報告会が進行された。ヒョンビンとチャン・ドングォンは ‘流布’で初めて演技呼吸を合わせた。あんまり親しくて ‘一度作品をしたの’ 思ったが二人は “今度が初め”と明らかにして驚きを催した。チャン・ドンゴンは28日ソウル江南区鴨鴎亭CGVで開かれた ‘流布’ 製作報告会で “この作品を選択するようになった理由の中で最大の部分を占めたのがまさにヒョンビンと作業することだった”とくちを切った。引き続き彼は “事実 (ヒョンビンと) 作品以外にほとんどすべてのものを一緒にやってみたようだ。作品だけ一緒にやってみる事ができなかったが良い機会が来てするようになった”と作品選択理由を明らかにした。すると製作報告会に一緒に参加したチョン・マンシクとキム・イソンは “延期除いて何をそのように一緒にしたの”と妬み(?)をして現場を笑い海で作った。劇の中でヒョンビンは危機の朝鮮に戻って来た王子イチォング役を、チャン・ドンゴンは朝鮮を飲み下そうとするゾルデアックギムザズン役を務めた。二人は尖鋭に対立する。チャン・ドンゴンは “(対立する相手俳優と) 普通現場で距離を置くのにそうするには (ヒョンビンと) とても近くてお互いをたくさん知りあいだった”と言った。引き継いで “演技するのに楽にできてとても役に立った”と付け加えた。ヒョンビンは “チャン・ドンゴンと対立する延期が大変ではなかった”と明らかにした。親しみが厚い位対立する延期が難しいかも知れないはずだが彼は “むしろ助けになった”と言った。ヒョンビンは “チャン・ドンゴン先輩がギムザズン扮装をしてカメラの前に立てばギムザズンに変わる。親しみ関係があると言ってぎこちなかったりくぎ受け入れられたりそれはなかった”とし “自然にその流れに当たるように呼吸を合わせてカットすれば元々親しみ関係に帰って来た”と説明した。’流布’はヒョンビン、チャン・ドンゴン主演の映画 ‘流布’は買った者も死亡者でもない ‘ヤグィ(夜鬼)’が流布した世の中、危機の朝鮮に帰って来た王子イチォング(ヒョンビンの方)と朝鮮を飲み下そうとするゾルデアックギムザズン(チャン・ドンゴンの方)の血闘を描いたアクションブロックバスターだ。’共助’のキム・ソンフン監督とヒョンビンがもう一度意気投合した作品でもある。10月25日封切り予定で上映時間は129分、15歳観覧可だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734120.htm, 2018/09/28 15:01:04]