秋夕連休映画大田勝者は?’ANSI性・名当り’ 1・2位

zcAz7eB_o

21日から秋夕連休が終わった26日までボックスオフィス1位は ‘ANSI性’が占めた。’明堂’が2位にランクされた。映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによれば21日から26日までボックスオフィス1位は ‘ANSI性’で326万9800人余り(累積観客355万900人余り)の観客を集めた。’明堂’が ‘ANSI性’の後を引き継いで146万4000人余り(累積観客167万3900人余り)に集計された。引き継いで ‘交渉’ ‘もっとお前は’がそれぞれ113万9100人(累積観客131万2400人余り) 64万2200人余り(累積観客82万700人余り)を呼び入れた。’サーチ’が20万1000人(累積観客284万9900人余り)の選択を受けた。’ANSI性’は天下を手に入れようとする党太宗(パク・ソンウンの方)が20万大軍を動員して高句麗辺方ANSI性を侵攻しながら起ることを盛った。40倍の全力差にもかかわらずANSI性城主梁マンチュン(チョ・インソンの方) 将軍は戦死と5000人の軍事で唐に対立して戦うことに決心する。’観相’ ‘相性’に引き継いだ易学3部作 ‘名当り’は地の機運を占って人間の運命を変えることができる天才支管パク・ジェサン(チョ・スンウの方)が明堂を利用して国を支配しようとする章動キムさん家門の計画を防いで家族を失うようになって始まる。復讐を夢見るパク・ジェサンの前に没落した王族興趣では(知性分)が現われて意味を一緒にしてキム・ジャグン(ペク・ユンシクの方) 父子に近付く。ヒョンビン、ソン・イェジンが呼吸を合わせた ‘交渉’は最高の交渉家ハチェユン(ソン・イェジンの方)と国際犯罪組織武器密売業者民太で(ヒョンビンの方)に関する話だ。民太区はタイで韓国警察と記者を拉致してハチェユンを交渉対象で指目する。理由も、目的も、条件もない史上最悪の人質劇が起ってこれを防ぐためのハチェユンの命をかけた一生一大の交渉を扱う。’もっとお前は’はマーブル劣らない世界観を持った ‘エナベル’ ‘死霊館’ シリーズの始めだ。超自然現象を研究するローリエである、エドウィレン夫婦の実際研究ファイルを素材でたいてい ‘死霊館’ シリーズのスピンオフ柄である話だ。修道女の形象をたいてい ‘バラック'(見たらアロンス分)の起源を扱う。’サーチ’は娘長芋で(ミッシェルだと分)が消えてパパダビッつけ(ゾーン組の方)が現実で尋ねることができない娘の跡をグーグル、ユーチューブ、フェイスブックなどSNS(ソーシャルネットワークサービス)で検索するという内容を描いた。先月29日封切られてロンクランの中だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734050.htm, 2018/09/28 05:00:03]