防弾少年団のUN演説文はどう誕生しただろうか

In4l6eB_o

グループ防弾少年団が韓国歌手最初でアメリカニューヨークUN本部で定期総会演説をした。このなかにリーダーRMが約7分程英語で進行した演説に関心が集中されている。RMはどうやって演説文を準備しただろうか。所属社ビックヒトエントテインモントはに “RMと所属社関係者たちが論議して作成したこと”と説明した。青年を主題にあるUN演説文であるだけにRMと所属社側は苦心の末に内容を完成した。RMは24日(現地時間) UN児童基金ユニセフ(UNICEF)の青年オゼンダ ‘ジェネレーションアンリミテッド(Generation Unlimited)’ 発表行事で “数百万枚のアルバムが売れてスタジアムで公演するアーティストになったが相変らず二十の殺意平凡な青年で、そばにいるメンバーたちとファンの愛と声援があるからこれと同じ成功が可能だった”と言った。引き継いで “‘LOVE YOURSELF(ラブユアセルフ)’ シリーズアルバムをリリースしてLOVE MYSELF(ラブマイセルフ) キャンペーンを始めた以後、全世界ファンから生の難しさを乗り越えて自分を愛するようになることに助けを借りたという話を聞いてもっと大きい責任感を感じる”と付け加えた。それとともにRMは “もう一歩進んでこれからは全世界若い世代が私を愛すると堂堂と話して、自分の声を出そう。スピークユアセルフ(Speak yourself)”とし “国家、人種、性アイデンティティなどに構わずに自分自らに対して話して自分の名前と声を探してほしい”と強調した。このようなメッセージは普段防弾少年団がSNS(社会関係網サービス)とコンサート、多数の放送でした言葉と一脈相通ずる。特に防弾少年団はツイーターを通じてファンを向けた愛情と肯定的なメッセージを絶えず伝達した。”うちのアーミー。短い活動だったがあまりにも多い力になりました。ありがとう。ツアーよく行ってまいります!アーミー愛してる”(政局) “短いが幸せだった活動!!本当にありがとうございます。すべてアーミー皆さんおかげさまです”(ゼイホブ) “活動初日から大きい賞くださってありがとうございます。本当に楽しかったし残った活動も力を出します。#うちのアーミー賞を受けたな”(ジミン) “良い思い出にだけ一杯に作ってくださってありがとうございます。けがをしなくて無事に終わらせることができて幸いで力を入れたうちのアーミー方々にあまりありがとう”(ブィ) だけでなく先月売り出した ‘IDOL'(アイドル)の家事にも彼らの肯定的なメッセージが盛られた。’I love myself, I love my fans'(自分自身を愛して私のファンを愛してる) ‘Love my dance and my what'(私の踊りと私のを愛してる) などだ。このように今度UN演説はその間防弾少年団がファンに残したメッセージと歌歌詞が背景になったようだ。普段にも肯定的なメッセージとファンに対する愛情をあらわした人々はその心をUN演説にそっくりそのまま盛った。ビックヒトエントテインモント関係者は追後防弾少年団の活動計画に対して “UN演説と放送出演日程を無事に終えた”とし “海外に泊まってワールドツアーを引き続く計画”と明らかにした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734059.htm, 2018/09/28 00:00:04]