‘衣架社全域’ ソ・イングク、復帰控えて “心配かけてこめんね”(映像)

WEKccfB_o

歌手兼俳優ソ・イングク(31)が衣架社全域以後初めて公式席上に参席して大衆に謝って丁寧に作品参加抱負をあらわした。論難後初作品で大衆に会うソ・イングクが成功的な復帰を終えることができるか世間の耳目が傾く。ソ・イングクは28日午後3時ソウル永登浦区ヤングズングロアーマーリースタイムスクエアで開かれたケーブルチャンネルtvN 新しい水木ドラマ ‘空で降りるイルオックゲの星'(シナリオソン・ヘジン・演出類題院) 製作発表会で “先に立ち上がって申し上げる”と現わして席で起きた。この日彼の初発言だった。そして謝った後90度で腰を下げてあいさつした。先立ってソ・イングクは去年3月28日京幾漣川郡5社団身柄教育代代に入所したが同月31日左側足首くるぶしの骨のゴールヨンゴールビョングビョン(薄利性ゴールヨンゴールヨック) 症状で帰宅措置を受けた。同じ年4月27日ソウル地方兵務庁で再検を、6月5日大邱中央身体検査所で精密検査を受けた後最終5級判定を受けて事実上兵役が免除された。余分の問題に関する一厳格な視線である大衆にソ・イングクは論難の中心に立ち、このような状況にはみでた熱愛説と熱愛認定、その後別れで彼は続いて口舌に上がった。立ち上がったソ・イングクは一番先に “手始めに先立ってその間心配かけて申し訳ないという申し上げたい”と謝ったし “今度ドラマを通じて良い演技お見せする”と念をおした。そして “(復帰に対して) とても多い悩みをした。類題院PDと私的な集まりでたくさん会ったが、横で勇気をたくさん吹き入れてくれた。先に出演提議をしてくれた時ドルコックするには恐ろしかった。復帰が早くないかと思ったりした。多い悩みと相議あげくこの作品をするようになった”とじっくりと説明した。’空で降りるイルオックゲの星’は同じ名前日本ドラマを原作にしている。化け物と呼ばれた危ない男無影(ソ・イングクの方)とそのような傷を持った女進講(チョン・ソミンの方), そして無影に対立する彼女のお兄さん誠実な人(パク・ソンウンの方)に尋ねて来たショッキング運命を描くミステリーメールだな。原作が愛をたくさん受けたからソ・イングクが表現するキム・ムヨンキャラクターに対する知りたい事が高い。ソ・イングクは “原作主人公Kimura拓哉との差別性を気になるようだ”とし “彼が持った魅力と外貌があったら私が持った魅力と外貌がある。ハンサムだったということは絶対ない。私の長所を通じてキム・ムヨンキャラクターをもう一度新しく誕生するようにして多い方々にお見せしたい”と抱負をあらわした。ソ・イングクの2年ぶりの復帰作 ‘空で降りるイルオックゲの星’は来月3日午後9時30分放送を控えている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734162.htm, 2018/09/29 00:00:02]