‘雄と雌肉である’ 遺族 “被害者人格権侵害” vs 配給社 “日常的素材”

TpKccfB_o

映画 ‘雄と雌肉である’の上映をおいて遺族たちと配給社が攻防をした。28日ソウル中央地方裁判所民事50部心理で映画 ‘雄と雌肉である'(監督キム・テギュン) 上映禁止仮処分審問期日が進行された。’雄と雌肉である’ 上映禁止仮処分申込書を受け付けた被害遺族側と配給社であるショバックス側は各各法律代理人を通じて上映に対する立場を明らかにした。被害遺族の法定代理人は “‘雄と雌肉である’は故人になった被害者の人格権を侵害した”とし “この映画は実際2007年釜山で起こった事件をモチーブにして実際犯行手法と場所、時間、被害状態などを99% 等しく再演した。果してこの映画が創作だと見られるのか疑問”と主張した。遺族側が主張したこの場面は犯人と被害者が道で肩がぶつかってシビブッヌン姿だ。引き続き犯人が凶器で被害者の首などを突いた後死体を火を放つ。遺族側代理人は “ショバックスは遺族たちが相当な精神的な衝撃と苦痛を経験することを十分に予想しても製作の前にただ一番(回)も同意を求めたり協議した仕事がなかった”と言った。引き継いで “映像がそのまま送り出しされる場合遺族たちは戻すことができない精神的苦痛を受けること”と主張した。それとともに被害者の ‘忘れる権利’も侵害したと付け加えた。ショバックス側法律代理人は “映画製作社が遺族の同意を受けないで撮影した点は弁論に先立ってお詫びさせていただく”と言いながらも “‘聞くな殺害’は社会で日常的に起きる素材で、映画で一般的に構成することができる創作の領域だから遺族の同意を法的に受ける必要はない”と言う立場を明らかにした。引き継いで “‘雄と雌肉である’は犯罪被害者ではない信じられない自白を一犯人とばか正直で馬鹿な刑事に焦点を合わせたこと”と強調した。両側意見を聞いた裁判部は法廷で遺族たちが問題視した場面を50のびたほど振った。裁判部は映画封切り日が来月3一人位両側に29日まで追加意見書を提出しなさいと要求した。以後来月1日上映禁止可否を決める予定だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734142.htm, 2018/09/29 00:00:01]