“コメディアンより自然人と呼ばれますㅋ”

DJg3hfB_o

放送人潤沢(46・本名イム・ユンテク)は総合編成チャンネルMBN 自然ドキュメンタリー ‘私は自然人だ'(以下 ‘ナザヨン’)のアイコンだ。このプログラムが放映回数300回を越す間彼は特有のいけずうずうしさとおいしそうな雰囲気を導き出して大勢芸能スターで浮び上がった。’ナザヨン’に出演してから7年、もう彼は中将年視聴者たちが一番会いたがる人物中一人になった。デビュー時代から独特な ‘あるパク者遅いギャグ’で注目を引いている途中送ることを経験したら今やっと初めて自分の腰を据えた感じだ。筆者とは2003年SBS 7期公採コメディアンでデビューする当時から縁を結んだうちだともっと人目を引く。全国津津浦浦山と谷を歩き回って風変りな体験ドキュメンタリー主人公で人気を享受している潤沢に会った。インタビューのための出会いは彼の全盛期時代ギャグ爆笑場外コンサートが開かれた慶熙大学 ‘平和の殿堂'(当時筆者が公演企画者を直接紹介してくれる) 舞台以後10余年ぶりだ。スペシャルインタビューは秋夕連休直後ソウル上岩洞編集局で進行された。-‘ナザヨン’の人気がますます上昇勢だ。奥地に違いない山の中に私一人で暮す人々がそんなに多いのか分からなかった。私も毎度驚いています。実は始める時にはおおよそ50回位すると枯渇すると思ったんです。ところでもう7年目、300回を越しました。珍しいことは ‘ナザヨン’ 放送を見て自然人になることに決心した方々が多いというんです。現場を通ってみると短くは2~3年目、多くは5~6年目自然人を頻繁に会うんですよ。-引退者たちが増えながらますます自然人に対する関心も大きい。あれほど類似の素材を扱うプログラムも登場している。一番慣れて平凡ながらも飽きない素材のようです。私たち人口分布上71年生が最も多いと聞きました。今47歳なのに私と似ている年齢ですよ。40代後半に入りながら徐徐に引退を夢見て、自然人を憧れます。最小限彼らの年が55歳になる今後の8年までは持続的に関心が大きくなったり上昇しないでしょうか。帰農、グィチォンとかみ合って自然親和ライフはもっと増えると思います。-7年間山奥を通いながら過去になかった自然ドキュメンタリーMCというタイトルで注目を引いているが、自然人が多くなる理由が何と思うか?初めには誰もいない山の中に草幕一つ建てて死は方々を理解することができなかったんです。電気もない真暗な真夜中にはもっとそうだったんです。ところでどの瞬間海抜800m 高地で逹観の生を維持する理由が自然に悟られるんですよ。満たすより留守にするのがずっと大変だと言うのにその奥深さを分かっていたって言うの。最近には私も某も下ろして払い落とす ‘無所有生’がますます親しくなることを感じます。潤沢はインタビュー途中何回も ‘無所有’を言及した。彼は “芸能界最高頂上で人気を享受した時より今がずっと幸せだ”と言った。実際に彼はヲiギは生が嫌いで家族ともうちょっと余裕のある時間を過ごしたくてこのプログラム外には一切の固定プログラムを取らないと言った。-もう放送を通じて事情が公開されたりしたが主にどんな方々が山奥に泊まるのか知りたい。いろいろの事情を持った方々が逃げるように自然とともにして希望を取り戻した場合が多いですね。不治病にかかってわらくずでもつかむ心情を抱いて山を尋ねてから健康を回復した方々には生自体が幸せです。不幸な事故で家族を失ったり不倫で妻と別れた方々、事業失敗や人間的背信感にてんから死のうという心情で世の中と断絶したケースもあって。ところで共通点はそんな方々が皆自然の中で新しい希望と幸せを話すと言うのが不思議です。-‘ナザヨン’ のような自然ドキュメンタリーの特別な理由は何と思うか?人間は元々自然で暮したが財物に欲心が生じてこれを満たすために巨大コンクリート都市を作ったと言います。動物の王国のように仕方なく弱肉強食の噛んで噛まれる人生を暮さなければならないし、夢と野望を育てるために誰かを踏み付ける仕事も多くて。そんな人生を生きている大多数人々は隠然中都市脱出を憧れると思います。今すぐ去ることができなくてもそんな人生を生きる人々の事情だけ聞いても間接ヒーリングになるという方も多くて。新鮮な空気と清い水を見れば好きではない人がいないでしょう。-長い間山奥を捜し回って自由に暮す人々と会いながらそのように住みたい考えはないか?オッ?気づきましたよね。元々他人の仕事に関心を持ってからどの瞬間似て行くと言うんじゃないか。放送で結んだ自然人と縁が深くなりながら私も彼らの生に童話いい高でもしましょうか。熾烈な現代都心生活にくたびれた方々が猫も杓子も ‘これからはちょっと休みたい’と言います。私も同じです。これからぴったり10年後ならどこかで半字恋人で住む私の姿を見られるつもりです。潤沢は数年の前いつか帰る自然人の生のために首都圏で遠くない所に3300㎡(1000坪) ほどの地をサドオッダで言う。今もヨンスブサムよ週末なら片手間に息子と妻を先に立たせてじゃがいもととうもろこしを植えて育てる楽しさに抜けている。-放映初期彼が会った1世代自然人の中で一部はもう世を去った方々もいると聞いた。創始期お伺いした年寄りの中でいくつかの粉餌帰ったという話を聞きました。まだ撮影当時記憶の生々しいのに心が痛いです。一度は偶然に自然人お嬢様にお会いしたが、’お父さんはよくいらっしゃるのか’と聞いたら放送が出た後私の話もたびたびなさって以後でも楽に楽しむ人生を生きて去ったと言うんですよ。-自然人が作ってくれた食べ物を食べていつも感動をしていたが、本当に美味しくてそれはだ知りたい。一応風景が違うんじゃないか。自然人は普段簡単だが年中季節別で自ら一番自信あっておいしくこしらえて食べる食べ物を作ってくれます。たまには釣りをする楽しさもあって、育てるニワトリを捕ったり山で只今採集した食べ物で直接作って食べたら新しかったりして。実はご飯一杯にキムチ一つだけあっても本当においしいです。深い山の中清い谷で鳥の音聞きながら食べるご飯は言葉とおり皇帝の食膳です。-このプログラムの長所は自然の中に住む人の平凡な日常を加減なしに見せてくれるのだ。おもしろい状況のために演出も一つ?自然人と現場でインタビューなどを取って基本方向を設定したりしても人為的な演出はしないです。私が放送をしながら唯一にシナリオなしにするプログラムでもあって。一応 ‘お父さん’ または ‘御兄さん’で愛想あるように対しようと努力します。幸いにもほとんど大部分は私より年上ですよ。最大限短い期間に新密度を高めると心を開いておもしろい状況を作ることができるから。-全国来るのを回ってみると特別なエピソードや記憶に残ることがないか?山奥を迷って大きな青大将に会ったことがあるのに足が身震いして逃亡も張ることができなかったんですよ。あの時いくら大きく驚いたのか以後毎晩 ‘ベムクム’ 悪夢にうなされました。また慶北栄養のある山では水たまりを飛ばす足首が帰るせいで三日間頭が上がらなくて治療を受けた後辛うじて撮影を終えたこともあったんです。経ってみればすべて忘れることができない思い出です。-一番知りたいことが正しく独特な ‘ポグルモリ’ ヘアスタイルだ。毎度管理することも手強いようだ。たくさん受ける質問中一つがすぐ頭です。さらに先祖様の中で黒人がいるかという質問も受けました。また不便ではないとするのに私はもうとても人慣れ真書なのかこの頭が楽です。デビューする時からだから15年が過ぎましたね。今も2ヶ月に一度ずつ行き付け美容室で町内お婆さんたちとぺちゃくちゃしゃべてパーマをします。潤沢のトレードマークはパーマを一ポグルモリヘアスタイルだ。一度に5~6時間ずつ念を入れなければならなくてソウル麻浦区延南洞にあるなじみの店でパーマをする。8年目みたいな美容室だ。ギャグコンテストアイデアを組んだ中平凡な外貌では飛ばないようだという考えにパーマをした。ところでしておいてみたら歌手ジョン・イングォンの頭のようにばさばさしてもろくて気に入らなかった。それで丸く ‘立ててくれ’と要請し、ここに鼻ひげまで育てて自分ばかりの唯一無二したヘアスタイルを創造したと言う。-総合編成チャンネルプログラムプライドを生かした主役になった。仮声費良いプログラムを進行するのに海外旅行機会や特別ボーナスみたいなことを与えないか?やっぱり内篇である綱紀者様が私の心情を調べてくださいね。放送社で次第思いやりをしてくれたりするのに惜しさがないのでもないです。既往話が出たから一言ばかりしますよ。製作コストをもうちょっと増してくれれば今よりもっと充実でアップグレードされた ‘ナザヨン’を見せてくれる自信があります。撮影の毎に毎度感じるのだが条件が劣悪なスタッフには本当にすまない時が多いです。1991年12月9日民放SBSが開国した直後キラーコンテンツは芸能だった。特にショープログラムと切り継ぎした新設コメディープログラムは相当な寄与をし、おかげさまで短い期間内KBSとMBCと対等な位置で立地を押し堅めることができた。それから必ず20年ぶりの2011年12月1日総合編成チャンネルが誕生し、以後幾多の実験的プログラムが明滅したが一番目芸能殊勲甲乙言ったらMBN 自然ドキュメンタリー ‘ナザヨン’を漏らしてからは名刺を出すことができない。-ひとときはギャグコンサート世代を主導して最高の人気を享受したコメディアンだった。以後活動がちょっと遠のいた時もあらなかったか?おわかりの通り芸能界 ‘奴隷契約波動’があったでしょう。この事で放送活動を3年間できなかったが盛んに人気を享受した時期ですごく大変だったんです。私を含んだ多い同僚コメディアンたちが大きい被害を受けたが意味がなかったのではないです。以後芸能界に勧奨契約で約款が作われるなど不当な慣行の消えるきっかけになったからです。ギェグギェ奴隷契約波紋は2005年エンターテイメント ‘スマイルマニア’を導いたコメディアン出身パク・スンデ代表が所属コメディアン14人と葛藤を経験した紛争だ。パク・スンデは大学路を中心に独特の後輩養成システムを通じて放送街に歳を誇示したが収益配分及びプライベート制限などの論難が申し立てられた後後輩たちと陣痛を経験した。-デビュー当時放送界で注目を引くどころか些細だったと聞いた。コメディアンでデビューするようになったきっかけがあったか?はい、当たります。実は私は元々コメディアンが夢ではなかったです。かつて事業に跳びこんで大きいお金を儲けるという野心がありました。私の主取引会社が当時うまく行ったデジタル朝鮮、哀慶、ハッピーランドなどだったから次第ばら色未来を夢見たベンチャー事業家でした。終わらせるお父さんお金までクルオだ5億ウォンの借金をして幕を閉じたけれども。信用不良者に転落して観光ガイドと荒仕事までして後輩であるキム・ヒョンインに会って以外にギャグ係に門をたたくようになりました。潤沢はギャグコンテスト当時最終合格した9チームの中で奨励賞さえ受けることができなかったびりチームメンバーだった。ところでデビュー後1年がまだならなくてスター級に上がる変事を作った。’ウッチァッサ'(笑いを探す人々)のコントコーナー ‘択よ’がすぐ人生逆転の舞台だった。体育館官長役を務めたキム・ヒョンインと一緒にコンビを成した、いわゆる ‘あるパク者遅い’ ギャグだった。潤沢は2012年1月28日、ソウル麻浦区ホリデーインホテルで衣類関連仕事をした1歳年下の妻キム・ヨンジョさんと結婚した。四十歳遅れた年齢に衣装協賛などを連結してくれた女性と切ない心で交感して結婚と言う(のは)縁を結んだ。彼は “成功した事業家で信用不良者で , 最高の人気を享受して挫折を経験して、平凡だが真正性を盛ったプログラムでまた愛される過程を繰り返えした”と “その渦中に今の妻に会って幸せな家庭を掘り起こしたのが一番上手なことで、私こそどんな欲心もなしにすべて下ろす自然人の煮る肉のになるようだ”と言った。放送人潤沢は愛想が良い。ヌグハンテや謙遜であいさつが上手だ。MBN ‘ナザヨン’ MC 抜擢もこんな評判が決定的に牛耳ったという裏話だ。スペシャルインタビューのためにこの日上岩洞社屋を探した彼は編集局で会う記者たちにもいちいちあいさつして明るい姿で写真を撮ってくれるなど特有の愛想を見せてくれた。もう一度プロ放送人らしい面貌を見るようで嬉しかった。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734148.htm, 2018/09/30 00:00:02]