‘ミストションシャである’ イ・ビョンホン・ギムテリなど5人の終映所感 “忘れない作品”

IbT6mfB_o

イ・ビョンホンとギムテリ、ユ・ヨンソク、キム・ミンジョン、ビョンヨしたなどは30日tvN ドラマ ‘ミストションシャである’ 最終回放送を控えて惜しい終映所感を伝えた。海兵隊大尉留陣チォイ役を務めて熱演したイ・ビョンホンは “終映を控えてみたら春夏秋冬四季と一年という時間を経った幾多の瞬間が浮び上がる。久しぶりにドラマ撮影現場に帰って来た ‘ミストションシャである’はときめくことと緊張感の連続だったようだ”とし “その間関心を持って面白く視聴してくださって本当にありがたいという申し上げたい。私にも皆さんにも長い間記憶に残る、大事なドラマになったら良いだろう”と言った。朝鮮最高名門家で生まれて義兵で生まれかわったゴエシン役を務めたギムテリは “思い出のたねが山盛り一緒に積もったがいつのまにか24回大長征を終える時期が来るようになったら妙な気がする”と “撮影する期間の間本当に楽しくて幸せに撮影に臨むことができてあまり感謝した。私が幸せだった位、シチォングザブンドルにもこの心が伝達して最後の回まで楽しく鑑賞すれば良いだろう。その間ゴエシンもギムテリも愛してくださって感謝する”と言った。エシンを愛したグドングメ逆意ユ・ヨンソクは “四季を一緒にした作品を出てみ出すだろうすごく惜しい。長年の時間撮影を一作品なので先後輩、同僚俳優たち、監督様、作家様、スタッフ方々となじんだ。ドングメにもとてもなじんでドングメと別れやすくないようだ”とし “私にそのようにシチォングザブンドルにも長い間記憶に残るキャラクターになるように願う”と所感を伝えた。ホテルグローリー社長と同時に第国益文士要員で活躍した工藤ひな逆意キム・ミンジョンは “演技生活をしながら作品性と興行性を皆持つことができる作品に会うのが大変だが、’ミストションシャである’と一緒にできて光栄で、胸がいっぱいで嬉しい”と “ひなのせりふと表情を通じて視聴者たちと共感台を形成することができたという点が一番感謝する。いつまでもいつまでも切なさが出ることをキャラクターで、作品”と惜しんだ。朝鮮最高大金持ち集坊っちゃんキム・ヒソン役で劇に動感を加えたビョンヨハンは “‘ミストションシャである’を通じて忘れてはいけない方々がいらっしゃったということを憶えてくださったら良いだろう”とし “その間キム・ヒソンと ‘ミストションシャである’を愛してくださったすべての方々に感謝して、皆の記憶の中に良い作品で残ったらゾッゲッだ”と伝えた。一方 ‘ミストションシャである’ 最終回は30日夜9時に放送される。ゴエシンを守るために義兵のような道を歩く留陣チォイの終りはどうなるか視聴者たちのグンググムズングイウル催している。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734252.htm, 2018/09/30 20:48:13]