‘ANSI性’ 独走防ごうか?トムハーディの ‘ベノム’ 10月3日封切り

PvidmfB_o

10月3日開天節と10月9日ハングルの日など飛び石連休を控えてハリウッドアクション映画 ‘ベノム’が国内封切りする。映画ファンは ‘ANSI性’や ‘交渉’ など国内作品と共にどんな映画を選ぶか悩まなければならない状況だ。マーブルは自社映画最初で悪党を英雄で立てる ‘ベノム’を作った。真実を従う記者が外界生命体の攻撃を受けて悪党で生まれ変わったベノム(トムハーディ)が片付けることができない力を振り回しながら荒いアクションを披露する。トムハーディは善と悪の境界でアイデンティティ混乱を経験する心理延期も映画にとかし出した。トムハーディ主演のベノムは10月3日封切りするがもう前売り率1位に上がって映画館通りを焼いている。30日映画振興委員会統合ネットワークによればベノムはこの日午後1時基準前売り率1位(29.9%)を走っている。その後を引き継いでANSI性が23.7%, 交渉10.3%, 明堂6%を記録している。ANSI性の去る29日まで累積観客数は422万1427人だ。現在ボックスオフィス1位を走っているが行く道が遠い。ANSI性はマーケティング費用などを含んですべて製作コスト220億ウォンを入って行った。これを回収するためには600万名の観衆を動員しなければならない。しかし10月にベノムだけではなく韓国映画 ‘雄と雌肉である’も3日封切りする。雄と雌殺人は殺人7件を自状した殺人犯(チュ・ジフン)とその自白の真実を暴く刑事(金尹錫)の張り切ている心理戦に展開される独特の捜査物だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734243.htm, 2018/09/30 17:06:26]