‘ミスターションシャである’, 好評一色サッドエンディング…’歪曲’は玉にきず

eGWIqfB_o

期待と憂慮を一身に受けた ‘ミスターションシャである’が視聴者の好評を博して大詰めの幕を閉じた。まだ修正することができなかった論難の場面は惜しい。ケーブルチャンネルtvN トイルドラマ ‘ミスターションシャである'(シナリオキム・ウンスク・演出イ・ウンボク)は先月30日午後9時終映した。’ミスターションシャである’は辛未の役(1871年) 時軍艦に上船してアメリカに落ちた一少年がアメリカ軍人身分で祖国朝鮮に帰って来て駐屯しながら起ることを描いた。義兵たちの愛と足跡を切々たるように盛った。ドラマはキム・ウンスク作家とイ・ウンボクPDの ‘太陽の後裔’ ‘寂しくてきらめき輝いて美しいお化け’ 以後もう一度の再会、イ・ビョンホンギムテリユ・ヨンソクビョンヨしたキム・ミンジョンなど立派な演技力を持った俳優たちの組合で放送の前からすごい関心を受けた。その間多数作品で視聴者の大きい愛を受けて来たキム・ウンスク作家の初時代劇という点でも大きい知りたい事を集めた。しかし期待が大きい位恐れも大きかった。歴史的史料が多くない ‘旧韓国末’を背景にしたから完璧な考証にハンディキャップもあった。案の定ドラマはふたが開いた後各種論難に巻き込まれた。先に ‘歴史歪曲’だ。初盤イワンイック(キム・イソンの方)が伊藤博文にウンヨホ事件を先に提案する場面などが日本の侵略原因を朝鮮で回すというような雰囲気を漂うという指摘、ドングメ(ユ・ヨンソクの方)が黒龍会漢城支部長という設定が親日を美化するようだという指摘などがつながった。去年9月撮影を始めて辞書製作に進行されたからドラマ内容を全部覆すことは難しかったはずだ。ただ ‘ミスターションシャである’ 側はドングメキャラクターに向けた指摘は収容して設定を修正したし謝罪文として公式的に謝った。’歴史歪曲’ 問題は展開が繰り返されるほど義兵たちの熱い闘いが深度あるように描かれて自然におさまった。実際20歳年の差が私はイ・ビョンホンとギムテリのラブラインに ‘没入にならない’と言う視線もあった。しかし時代的状況、キャラクターの愛国心をもとに単純な愛を超えた特別な感情が切なく輝かしくてテレビ劇場に感動を伝達した。密度ある敍事と卓越なせりふが根本にならなければならなかったが、イ・ビョンホンとギムテリの卓越な演技力も大きい分け前をした。歴史的に大きい照明を受けることができなかったが憶えるべきな義兵たちの生をつき出す過程に視聴者は没入し、歴史と自分を振り返って好評を送った。’ミスターションシャである’は世界130ヶ国に配給されるオンライン動画ストリーミングサービスネットフリックスと放映圏契約を締結した。初盤論難場面が全体的な完成度にきずを出し、このような内容が全世界ドラマファンに会うという点は惜しさを残す。主人公の中四人が世を去る結末でエシン(ギムテリ分)が一番先に学んだ英語単語である ‘鉄砲’ ‘光栄’ ‘悲しい結末’はドラマの伏線になったことになったが、劇は “独立された祖国でさん油アゲイン”という希望のメッセージを与えた。’ミスターションシャである’ 最終回(24回)は平均18.1%(以下ニールセンコリア・全国・有料プラットフォーム家具基準), 最高20.0%で自体最高視聴率、同じ時間帯放送された私はチャンネルプログラムの中視聴率1位を記録した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734270.htm, 2018/10/01 11:36:04]