80年代キャンパスバンド ‘フィボス’ リーダーボーカルイ・ミョンフン、’40周年コンサート’ 熱気

gDqCrfB_o

イ・ミョンフンは1980年代代表的なキャンパスバンドフィボスのリードボーカルだ。フィボスは ‘行ってしまった友達に捧げ’, ‘そのままそのように’ など幾多の曲をヒットさせながら大きい人気独り占めをしたロックバンドだ。歌だけ聞いてもむねがどきどきする香水と思い出の主人公イ・ミョンフンが ‘フィボス40周年公演’でまた注目を引いている。イ・ミョンフンは日曜日の9月30日陽川文化会館大劇場で公演を開いて中壮年層ファンを熱く熱狂させた。この日フィボス公演には後輩歌手パク・ガンソン、パク・サンミンがゲストで舞台に立った。公演を企画製作したイホンググンさんは “大規模コンサートではないが確かなターゲット需要層である中将年ファンが多くて反応がもっと熱かった”と言った。このさんはイ・ミョンフンがデビューした1978年浜辺歌謡祭以後熱情ファンで縁を結んでおおよそ40年目喜怒哀楽を一緒にしている。イホンググンは当時ふたつの縁に対してこんなに話す。”私が高等学校時代の78年夏夜すいか一方を手に持って窓外に明りを眺めながらラジオを聞いていたが胸をぱたっと覚ます歌一曲(そのままそうに)が流れ出ました。当時TBCで放送した浜辺歌謡祭だったんです。この歌は以後初恋感じのように夏夜の間私の心を振っておいたんです。”この校監は結局イ・ミョンフンのペンでファミリに作ってくれて、それから40年間フィボスイ・ミョンフンのそばをくるくる回わった。このさんは “その間たまに ‘コンサート7080’に出演して来たが実際公演場熱気までは予想できなかった部分”と言いながら “余勢を駆って11月蘆原文化会館大劇場公演も引き続く計画”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734295.htm, 2018/10/01 15:15:34]