なつかしき笑いと涙…故 崔ジンシル10周忌追悼式(映像)

uD7jyfB_o

なつかしき顔をもっとくっきりと思い出すようにしようとするように空は清明だった。2日午前11時京幾楊平郡西宗面甲山公園で遺族、仲間たちが参席した中に学んで崔ジンシル10週期追悼式が挙行された。この席には故人母親ゾングオックスックさん、息子歓喜(17) 君、娘ズンフィ(15) 嬢など遺族たちを含めて故人と生前懇意な死だったイ・ヨンジャチョン・ソンヒなど芸能界仲間、放送関係者などが参加した。最初ホン・チンギョンも追悼式に参加すると知られたが撮影のため訪問した済州島で帰って来る日程がかみ合って別に訪問することにした。代わりにホン・チンギョン母親が参席して故人を向けたなつかしき心を交わした。先に到着したチョンさんは暖かいほほ笑みを見せて取材陣と参席者を当たった。いつのまにか者だと素敵な俳優を夢見ている歓喜軍はりんりんとソ母方のお婆さんのそばを守った。まもなく到着したズンフィ羊はきれいな笑いをいっぱい含んで知り合いたちを向けてあいさつした。お兄さんズンフィ軍とは時々手を握ってドーラン島と言う(のは)話を交わした。空色紙にママに向けた心を盛った手紙を書いたズンフィ羊ははにかむようにメッセージ模様で折った手紙をぶん墓碑に投げて母方のお婆さんのそばに帰った。追悼式は故人の宗教によってキリスト教礼拜形式に進行された。礼拜に先立ってイ・ヨンジャが礼拜手順誌を参席者に分けてやり、敬虔に礼拜が始まった。手始め後一歩遅れて位置したチョン・ソンヒが控え目に礼拜に合流した。手を集めてじっくりと立っていた彼はたちところに堪えた涙を噴き出した。この日追悼式前後で遺族、同僚芸能人たちは故人を向けた切ない心をあらわした。先に歓喜軍は “いくらすごかった方かこういう時(追悼式)ごとに今更感じて尊敬するようになる”とし “もう10年が経ったと言うのが実感が出ない。それでも10年が経っても見たいのはまったく同じだ。空で私とズンフィよく育っているの見てくれたら良いだろう”と母親を向けたなつかしき心を示した。ズンフィ羊は “ママが (私の手紙を) 好きではないかと思う。来る度にいつも手紙を書いて持っておいた”とし “普段と少し他の気持ちだ。悲しくて昨日夜明けまで眠れなかった。もう10週期になったと言う蟹信じられない。その間あらゆる多いことがあってそんなこと思ったら心が心が浮ついて落ちつかない”と言った引き続き母親を向けて “ママがいつも我がのそばにあるというのが分かりながらも一日一日毎日見たい。次生にもうちのママ必ずしてくれ。次の生には芸能人崔ジンシルではなくズンフィ歓喜ママに会ったら良いだろう。ママ愛する”と心を伝達した。心強く追悼式を守ったイ・ヨンジャは故人を向けて難しく口をテッダ。彼は “10年になればイッヒルばかりしたのにもっと良いことだけ思い出す。愛する人はそうだ”とゾゴンゾゴン話した。引き継いで “歓喜ズンフィ見ながら ‘真実が、子供達パパ(故チョ・ソンミン), 叔父(故チェ・ジニョン)があったら’ と思う考えをたくさんする。ますます子供達が真実が、パパ似て行く姿見ながら ‘ジンシルイがこんな姿を見なければならなかったが’ たくて、私だけ見るからとてもすまない。ジンシルイに十分に歓喜ズンフィ守ってくれることができなくてすまない”と重ねてすまないと思った。やがて目頭を赤くしたイ・ヨンジャは “身は常に一緒にないが常にズンフィ歓喜を思う。私の願いがあったら熱心に健康維持して結婚式、出産など歓喜ズンフィがママが必要な瞬間に私が参加したら良いというんだ。天国仮面 ‘あなた代わりにあなた子供達大きくなる姿幸せ解夏は姿すべて見た’と (故崔ジンシルに) べちゃぺちゃ話したい”と望むことをあらわした。また “私が今日は代表に来たがうちの友達が身は常に別にあるが歓喜ズンフィに常に心が行っている。だから心配しなく。私たちがよく面倒を見る”と歓喜君とズンフィ羊を向けた責任感を仄めかした。チョン・ソンヒは “美しい人のようだ。美しさを常に憶えるという言いたい。ある所にも輝いた女でずっと憶えるようだ”と控え目に言った。故人母親チョンさんは娘を向けたなつかしき心、孫孫娘に向けたありがたい心、孫孫娘を養育しながら感じた他人が分からない苦情など多くの心境がまじた面貌を見せた。チョンさんは先に “子は胸に埋めると言う。一時も (故崔ジンシルを) 忘れたことがない。家に大きい写真をよく座る席でちゃんと見える所において生前のように話す”と故人を向けた切ない心を見せた。引き継いで “心の中にすべて手伝ってくれて子たちが元気によく大きくて感謝する。学校生活も上手で。よくコズォであまり感謝する”と言った。その間大変だった時間が浮び上がったチョンさんは涙を流した。彼は “歳月が早いと言うのに私は10年という歳月がどの位長く遅く行くか分からない。精神なしに狂ったように10年を暮した。どう行ったかも知れない。ママパパもない子たちをお婆さんが養育すると言うのが本当に普通大変ではない。真実が恨みもした。10年歳月が経つから子たちも立派によく大きかったなたい。痛くなくてよくザラズォで私の話よく聞き入れて感謝する”と言った。最後に故人母親は “だね(故崔ジンシル)が私を見守っていることと思う。言葉で表現ができない。私もたくさん老けて心と身がよってくれなくてマージしない日にあなたに行くようだ。10年歳月が私にはいくら遅く感じられて大変だったのか分からない。それでも君が天国で見守ってアドルタル元気に善良によく育ててくれてありがとう。私の苦労したやりがいがある。天国で弟(妹)と幸せに過ごしていなさい。私もマージない日に君たちのある所に行く。アドルタル立派に最後まで最善をつくして育てて行くはずだから心がっくりおいて楽によくあるように願う”と心を渡した。崔ジンシルファンクラブ連合会員たちは去る週末追悼式現場をあらかじめ探して墓地を飾りつけるなど追悼式準備をした。たまった10週期に迎えソウル漢江トゥクソム見込み文化コンプレックスで ‘その時代私たちが一番愛した俳優崔ジンシル’という早いことで7日まで展示会が開かれる。去る1988年MBC 特採タレントにデビューした故人はドラマ ‘妬み’ ‘星は私の胸に’ ‘君そして私’ ‘ばら色人生’ ‘私の生涯最後のスキャンダル’, 映画 ‘ゴーストマムマ’ ‘マヨネーズ’ などに出演して大衆から大きい愛を受けた。2008年10月2日享年40歳の年で世を去った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734377.htm, 2018/10/02 18:45:33]