シン・エラの ‘にせ物学位’ 論難…争点三つ

A4uKtfB_o

俳優シン・エラ(49)が ‘にせ物学位論難’の中心に立った。デビュー32年目、着実に愛される俳優である同時に夫チャ・インピョといっしょに ‘先行夫婦’で他人の模範になる彼だ。そのためだろう。シン・エラを取り囲んだ今度論難がもっと衝撃に近付くという反応が大部分だ。事件の発端は先月23日、シン・エラがSBS 芸能番組 ‘執逹吏部一体’に出演しながらだ。彼はこの日放送を通じて4年前アメリカ留学の道に上がったと明らかにした。また “現在博士の学位過程を踏んでいる。晩学留学生で多い苦労をしたが心理学、相談学、教育学を経って現在家庭使役(教育) 博士過程を修了中”とも説明した。彼は放送を通じて40代中盤に始めた勉強は手ごわい挑戦の連続だったが、最後まであきらめないで学業に専念していると言って特別な自負心をあらわしたりした。同時に留学初盤、難しかったことを率直に吐露したり。しかし放送が出た後、シン・エラが博士過程を踏んでいるという大学 ‘ヒズユニバーシティ'(HIS UNIVERSITY)と係わって多くのネチズンが疑問を提起して出た。該当の大学が正式認可を受けた所ではないという主張が現地海外同胞コミュニティ中心に申し立てられるからだ。彼らが主張して出た ‘にせ物学位’論難。その理由が何なのか詳らかに調べた。◆ 争点一つ、’ヒズユニバーシティ’は認証された教育機関かシン・エラが博士過程を踏んでいる ‘ヒズユニバーシティ’はカリフォルニア州鼻でも市に位置している。学校は去る2003年設立された以後韓国マスコミの注目を何回も引いたことがある。韓人が立てた最初の教育機関だからだ。問題は現在 ‘ヒズユニバーシティ’が正式的な認証を受けた教育機関ではないというんだ。通常的にアメリカで ‘大学’の条件は第一、州政府が承認した教育機関ではなければならないし第二、留学ビザを受けることに必ず必要な入学許可書発給が可能ではなければならない。最後の第三、米教育部が認証した機関で認証を受けるとはじめて ‘大学’のすべての条件を満たす。しかし街確認した結果、ヒズユニバーシティは州政府の該当の学校は私立高等教育・職業教育機関に登録されただけ、現在認証を受けることができなかった状態だ。ヒズユニバーシティも公式ホームページを通じてこのような事実を公知している。だからシン・エラが該当の学校で博士学位を修了していてしても、彼がいただいた学位を ‘本当’と認めることができるかという疑問が残る。◆ ‘相談学修士’ シン・エラが進行した変な気質テストシン・エラが紹介した ‘ヒポクレタスの気質テスト’ また今度論難の主な理由の中で一つだ。信愛という放送を通じて心理学科相談学修士を専攻したと明らかにして出演陣たちに ‘ヒポクレタスの気質テスト’を紹介した。しかし彼が進行した気質テストは中世期までつながったが現代に来てはほとんど使わない代表的な理論の中で一つと心理学専攻書に明示されている。’ヒポクラテス気質テストは数世紀の間続けて中世期まで定説で思われたが現代に来ては支持されていない’ (心理学科生、18, シグマプレス参照) このためにネチズンは心理学修士まで修了した人が心理学界で使わない理論をまるで普遍的な理論であるように紹介したとつねるだ。◆ “英語が難しかった”と言ったシン・エラVS 韓国語で授業するアメリカ大学シン・エラの “英語がする事ができなくて悩み苦しんだ”と言う発言も今度論難の理由中の一つ。彼は放送で “心理学相談学は初めに (英語ができなくて) 大変だった”と言及したことがある。しかし総長が韓国人であるヒズユニバーシティは学校の設立目的自体がアメリカ国内韓人移民社会の家庭問題を解決する ‘家庭使役者’を排出すること。それで学校で授業を進行する時英語ではない韓国語を使っていると。ヒズユニバーシティ公式ホームページにも ‘韓国語を使って授業を進行する’と明示されている。今度論難を置いて一刻では ‘にせ物学位’という表現は度が外れるという意見を見せたりする。シン・エラが現在教育受けている所は ‘ウィーン証教育機関’であるのは当たる。しかし同時にシン・エラが ‘アメリカに位置した教育機関’で4年間勉強したこと、その機関で付与した修士学位を修了したことも事実は事実だからだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734328.htm, 2018/10/02 00:00:04]