‘ビューティーインサイド’, 原作映画と ‘またオヘヤング’ 間

2gatwfB_o

去る1日ベールを脱いだJTBC 新月火ドラマ ‘ビューティーインサイド’は ‘またオヘヤング’の感じを妙に漂いながらも原作映画の特徴がよく付け出す。それもそのはずなのが ‘またオヘヤング’を演出したソン・ヒョヌクPDとソ・ヒョンジンがまた会ったからだ。ここに一月に一週間、他人の顔で生きて行く新鮮な素材が会いながら親しいながらも新しいドラマが完成された。’ビューティーインサイド’はハン・ヒョジュ主演の映画 ‘ビューティーインサイド’をドラマ化した。原作では男主人公が眠って起きれば他人に変わる設定だ。ドラマは女主人公が一月に一週間の間他人で生きて行く設定に変わった。ソン・ヒョヌクPDは去る1日製作発表会で “特別出演する俳優だけ120人が越える”と明らかにした。ドラマは原作の大きいコンセプトだけ持って来た。男女主人公の職業も違って、新しい人物に変わる与えたり違う。また物静かなトンの映画と違い、ドラマは ‘ロマンティックコメディ’ ジャンルに合わせて明るくて軽快だ。ここに ‘またオヘヤング’の色まで加味して親みまで加えた。去る1日初めて放送された ‘ビューティーインサイド’ではハン世界(ソ・ヒョンジン)が授賞式と飛行機から二回他人に変わる姿が描かれた。このなかにハン世界の酷く率直な姿が視線をひいた。まるでオヘヤングを思い浮かべるようにするさばさばする性格だった。だけでなくイェ・ジウォン、イ・ジェユン、ハ・シウン、キム・ギドゥなど ‘またオヘヤング’の俳優たちが出演して親しい感じを与えた。同時にソン・ヒョヌクPD 特有のカメラアングル構図が目立った。人物を斜めな角度で照らして後背景を飛ばしてドラマの劇的な雰囲気を完成した。人物の悲しい内面をもっと深く掘り下げるようなこの構図はソン・ヒョヌクPDが先立って ‘またオヘヤング’でよく使った方式だ。2日視聴率調査会社ニールセンコリアによれば “‘ビューティーインサイド’の初回視聴率が2.9%”.JTBC 看板芸能番組である ‘冷蔵庫をお願い’と編成時間を変えて視聴率は下落したがまだドラマの成敗を判断することは早い。ソン・ヒョヌクPDとソ・ヒョンジンが第2の ‘またオヘヤング’を作り上げることができるか関心が集まる。’ビューティーインサイド’は一月に一週間他人の顔で生きて行く女俳優と一年熱もつける他人の顔を調べることができない航空会社本部長のロマンスを描く。毎週月、火曜日午後9時30分に放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734353.htm, 2018/10/02 11:10:51]