ワーナー院マネージャーファン暴行論難、誤った ‘過剰’が歌った火

soxKtfB_o

所属歌手を守ろうとするマネージャーと好きなスターを少しでももっと近くで見ようとするファンの戦争は昨日今日の事ではない。ある一方の過ちだと見ることは難しい。両方の誤った ‘過剰’が災いを催したのだ。今度ワーナー院マネージャーファン暴行論難もそうだ。先月28日オンラインには仁川空港に現われたワーナー院にある女性ファンが近付こうと欠点、マネージャーの押しのける映像が公開された。この映像が公開されるとオンライン上ではネチズンの舌戦が起った。一刻では “マネージャーの親馬鹿ではないか”は反応を、また他の方では “ファンの過度な接触試みが問題だ”という声を出している。ワーナー院の所属社スイングエンターテイメントはSNSを通じて謝った。スイングエンターテイメントは “心配おかけして申し訳ない”とし “該当のマネージャーは映像を確認して過剰対応した部分に深く反省している”と明らかにした。引き継いで “これによる懲戒も受けるようになること”と言いながら “これからもっと徹底的な教育を通じて二度とこのような事が発生しないように最善の努力をつくす”と言った。このように所属社で謝罪の立場を明らかにしたが一部ネチズンは “解雇ではない懲戒水準にだけ止むのは綿棍棒処罰”と怒りの声を出している。このような論難はワーナー院だけではない。先立ってエックソ、レッドベルベット、シャイニー、シーエンブルーなど多数のアイドルグループも問題になった。エックソのマネージャーは罰金刑まで受けたがマネージャーと用心棒の保護は日々に過激になっている。それならこんなに過激になるしかない理由は何だろう。ファンの形態は多様だ。音源を買ったり作品を報告、コンサートに行く。しかし一挙手一投足付きまとって、ましてスターたちが乗る飛行機まで付いて乗るファンもいる。スターたちのプライベート領域がますます狭められながらマネージャーと用心棒の親馬鹿も自然によったのだ。しかしマネージャーがファンに暴力を振るうことは明白な過ちだ。またファンがいるからスターが存在する位マネージャーも行動に気を付ける必要がある。あちこちには予想できない危険が蟠っている。スターたちだけではなく彼らを見ようとするファン、スターを守るマネージャーもどんな危険に露出するか皆予想することができない。すべてのものは ‘過剰’から始まる。それだけ自分の位置で適切な応援と警護が必要そうだ。ある歌謡界関係者は “大きい行事や空港スケジュールがある時なら多いファンが追って来る。その時ごとにくらっとする場面がたくさん演出されるのにこんな事故をあらかじめ防止するためにはお互いに気を付けなければならないようだ”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734313.htm, 2018/10/02 00:00:02]