故崔ジンシル10週期、相変らず輝く名作たち

x86AzfB_o

いつも明るいイメージで1990年代芸能界をリードした俳優崔ジンシル(1968~2008)が世を去ってから10週期を迎えた。俳優カン・スヨンを憧れたがデビュー後ブラウン管とスクリーンを行き交ってカン・スヨンを含めてキム・ヒエ、チェ・シラ、シム・ヘジンなど当代女優たちと肩を並べた崔ジンシルを代表する作品10個を紹介する。◆ ドラマ1988年広告モデルで連携係活動を始めた崔ジンシルは翌年MBC ‘朝鮮王朝五百年-閑中録’を通じて特採でデビューした。しかし崔ジンシルを代表する作品は1992年 ‘妬み’というのに反対するこれはないだろう。俳優チェ・スジョンと一緒に出演した ‘妬み’は ‘男女友達の仲に愛が可能なのか’という素材で視聴者たちの大きい愛を受けた。崔ジンシルは ‘妬み’でMBC 演技大賞女最優秀賞を受けた。’星は私の胸に’ やはり崔ジンシルを思えば浮び上がる作品だ。放送当時49.3%の視聴率を記録した ‘星は私の胸に’は1990年代末中国に輸出されて最初の寒流ドラマで評価を受ける。この作品でアン・ジェウクは中国と日本で大きい人気を呼んだ。また ‘私たちの天国’ シーズン1, ‘ばら色人生’ やはり崔ジンシルの代表作で ‘君そして私’ また崔ジンシルを憶えることができるドラマだ。貧しい漁村家庭を中心にした兄弟たち間のそれぞれ他の愛話を取り上げた作品でパク・サンウォン、チャ・インピョ、ソン・スンホン、チェ・ブラム、キム・ヘジャ、異本、ソ・ユジョン、キム・ジヨン、パク・ウォンスクなどが呼吸を合わせた。◆ 映画崔ジンシル特有の明るさが付け出す映画で ‘私の愛私の花嫁’がある。チョ・ジョンソクとシン・ミナが2014年リメークしたこの作品はお互いに愛すると固く信じている大学同窓生英敏(パク・チュンフン分)と美英(崔ジンシルの方)が結婚にゴールインするが新婚が終わってささいな不満に搖れるが結局仲直りにつながるというロマンチックコメディーだ。’あるんじゃないか秘密です2’に引き続き出演した映画 ‘スザンブリンクのアリラン’は感動がある作品だ。過去 ‘子供輸出国’という不名誉を持っていた時代を狙った映画だ。留宿(崔ジンシルの方)は四歳になった年スウェーデンに入養されて、不慣れな環境と異質的な外貌に疎外感を感じながらアイデンティティに疑問を持つ。18歳に自立後自分の根を探して去った彼女は親母に会ってめぐり合う。ヤン・グィジャの原作小説を映画化した ‘私は願う私に禁止されたことを’でイメージ変身を試みた崔ジンシルは ‘手紙’を通じて八色鳥魅力を威張る。楽聖脳腫瘍にかかったファンユ(パク・シンヤンの方)が一人きり残る妻に手紙を書くことで残っている生をチェウォガンダは内容は多い観客たちに感動をプレゼントした。崔ジンシルは我がのそばにないが彼の作品は永遠に残っている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734446.htm, 2018/10/03 00:00:06]