‘雄と雌肉である’, 封切り日合わせて現場ビハインドスチール公開

lmwoDfB_o

映画 ‘雄と雌肉である’ 現場ビハインドスチールを公開されて人目を引いた。3日封切られた ‘雄と雌肉である’は監獄で7件の追加殺人を自状する殺人犯と自白を信じて事件を追う刑事の話を取り上げたボムジェシルファグックだ。’雄と雌肉である’ 側は封切りと同時に熱かった撮影現場の姿を淡は現場ビハインドスチールを公開した。公開されたスチールは時には陣中するように、時には楽しく撮影現場を楽しむ金尹錫とチュ・ジフンの姿が盛られていて人目を引く。先に、殺人犯の自白を信じて真実を暴く刑事 ‘キム・ヒョンミン’ 役を務めた金尹錫は小品で使われる黒板に手ずから ‘ガングテオ’の殺人リストを書いて真剣に撮影を準備する姿が目立つ。追加殺人を自状する殺人犯 ‘ガングテオ’ 役を務めたチュ・ジフンやっぱり、撮影中々に自分の姿を几帳面にモニターしてキャラクターに完全に落ちこんだ姿で熱かった撮影現場の雰囲気を見当をつけるようにする。金尹錫とチュ・ジフンはキャラクターに完璧に没入していながらも、カメラが消えれば明るい姿で現場の雰囲気を導くなど反転姿を見せたりした。ここに ‘ガングテオ’の担当検事 ‘キム・スミン’ 役を務めたムン・ジョンヒから、’キム・ヒョンミン’の唯一の助力者 ‘造形社’ 逆意ジン・ソンギュまで、各自の方式で撮影現場を楽しむ俳優たちの姿をうかがうようにする。’雄と雌肉である’は15歳以上観覧可でランニングタイムは110分だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734471.htm, 2018/10/03 15:34:39]