‘イルオックゲの星’, 憂慮の中初砲門…どんな歩み歩こうか

fGu5HfB_o

俳優ソ・イングクチョン・ソミンパク・ソンウン主演ケーブルチャンネルtvN 新しい水木ドラマ ‘空で降りるイルオックゲの星'(シナリオソン・ヘジン・演出類題院)が3日初砲門を開いた。ドラマは人気ドラマリメークという点で初放送の前から期待を高めたが、彼に劣らない憂慮の視線も一緒にした。日本富士TVで去る2002年4月から6月まで11部作に放送された原作ドラマ ‘空で降りる1億個の星’は日本俳優Kimura拓哉とフカツエリ、Akashiは三馬が主演で活躍した。ドラマは第33回もうテレビドラマアカデミーオウォズで8個部門を席巻しながら高い人気と作品性を証明したように見えたことがある。原作ドラマは日本ドラママニアたちの間でよく名作として数えられて来た。しかしおおよそ16年前ドラマだからミニシリーズ株ターゲット層である2030世代の共感台とはちょっと遠いかも知れないはずだという予測が出た。また原作で使われた近親相姦、自殺など刺激的な素材をどう引っぱるかに大韓心配の目つきもあった。これに対して先月開かれた製作発表会で類題院PDは “原作で悲劇を成す重要な要素で使われたがそれをそのまま持って来るか悩みだった”とし “視聴者に見たくない部分を強要することもできない。表示不便な部分を認知して作品を進行することにした”と説明した。もう一つは男主人公ソ・イングクの兵役問題だ。ソ・イングクは去年3月京幾漣川郡5社団身柄教育代代に入所したが同月左側足首くるぶしの骨のゴールヨンゴールビョングビョン(薄利性ゴールヨンゴールヨック) 症状で帰宅措置を受けた。来月ソウル地方兵務庁で再検を、同じやっつけて中央身体検査所で精密検査を受けた後最終5級判定を受けて事実上兵役が免除された。我が国で郡問題は鋭敏な主題で、大衆の愛を暮らす芸能人たちにはなおかつ厳格な松の実どおり適用される。軍免除を受けたソ・イングクに対する鋭い雪道に彼が今度次回作でどんな作品を選択するか、どんな活躍を広げるか知りたい事を集めた。tvN ‘空で降りるイルオックゲの星’は化け物と呼ばれた危ない男無影(ソ・イングクの方)とそのような傷を持った女進講(チョン・ソミンの方) そして無影に対立する彼女のお兄さん誠実な人(パク・ソンウンの方)に尋ねて来た運命のミステリーメローを描く。初放送では疑問の女子大生飛びこみ自殺事件とともに進講の懇意な弟(妹)と同時に ‘金さじとはし’ 陶芸が勝よ(西恩讐分)の陶芸前で緊張感ある序開きが開かれ、無影がひしと登場しながら登場人物たちがどんな関係を作って行くか好奇心を増幅させた。初放送視聴率は4.0%(ニールセンコリア・有料プラットフォーム・全国家具基準)を記録した。ソ・イングクの演技力に対する好評も流れ出る。’空で降りるイルオックゲの星’が世間の憂慮を洗って視聴者の心を捕らえることができるか帰趨が注目される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734513.htm, 2018/10/04 10:53:10]