パク・ヘミ夫荒民、令状審査出席 “申し訳ない”

eHHDJfB_o

飲酒運転死亡事故を起こした俳優パク・ヘミ夫であるミュージカル演出家荒民(45)が事故後初めて姿をあらわして謝った。荒民は4日特貨幤法上危険運転致死上疑いで下がった逮捕状実質審査を受けるために京幾議政府市議政府地方裁判所に出席した。この日荒民は取材陣の前にソ “私がすべて間違ったのだ。私が飲酒運転をしたことだ”とし “惜しい生命を失うようになって遺族たちに申し訳ない”と言った。妻パク・ヘミに対しては “(事故後)一番(回)も会うことができなかった。事故以後家へ来ることができないようにして行くことができなかった”と説明した。荒民は現在パク・ヘミの全権を委任受けた弁護士を通じてパク・ヘミと疏通している。荒民は去る8月27日遅い夜京幾九里市川辺北路南揚州方向トピョングナドルモック隣近で酒飲みしたままクライスラーダッヂ乗用車を駆って行く横道に立っていた25トン貨物車2台を突き飛ばした。この事故で乗用車に乗っていたミュージカル俳優2人が死んで荒民を含んだ3人がけがをした。荒民と同乗した4人は皆パク・ヘミが運営する海味ミュージカルカンパ二ー所属単元だ。特に事故当時荒民の血中アルコール濃度は免許取り消し水準である0.104%で調査された。いっしょに公開されたブラックボックス映像の中荒民が運転した車は一名 ‘カルチギ’で先立った車を追い越して早く道路を走行してみる人々を驚愕するようにした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734576.htm, 2018/10/04 17:12:16]