‘ビュティプルデイズ’ イ・ナヨン、6年だけ復帰作でBIFF 門開ける

6WrNJfB_o

俳優イ・ナヨンが ‘ビュティプルデイズ’で第23回釜山国際映画祭手始めを知らせた。6年ぶりに延期活動を再開した彼は破格的な演技変身で成功的な復帰をした。4日釜山海雲台区うどん映画の殿堂ズンググックザングで ‘ビュティプルデイズ’ マスコミ試写会及び記者懇談会が開かれた。ユン・ジェホ監督、イ・ナヨン、ザングドングユン、オ・グァンロク、理由与えた、ソ・ヒョヌが参加した。’ビュティプルデイズ’は第23回釜山国際映画祭開幕作に選定された。イ・ナヨンが6年ぶりに選択した作品で劇の中で北朝鮮脱出女性を務めてキャスティング段階から関心を集めた。ユン・ジェホ監督はイ・ナヨンをキャスティングした理由に対して “私が探していたママの感じはママながらも若い女人、また風変りな感じを与えるキャラクターだった。その感じがイ・ナヨンとよく迎えると思ってシナリオをゴンネッヌンデこころよくしてくださった”と言った。開幕作試写会を通じて公開された ‘ビュティプルデイズ’ の中イ・ナヨンは今まで見せてくれた姿と確実に違った。危機の北朝鮮脱出女性を平気ながらもまた果敢に表現した。節制された感情演技と深くなった感性などで6年の空白期を顔負けにさせた。イ・ナヨンは6年と言う(のは)空白期間 “いつも映画演技を思った”と強調した。彼は “私ができて、したくて、少しは自信あるように観客と会いたかった”とし “そうしてみると時間が長くなってそうした渦中に ‘ビュティプルデイズ’ のようなぐいっと気に入るシナリオを読むようになってするようになった”と作品選択理由を明らかにした。イ・ナヨンが引き受けたママ役は北朝鮮脱出女性で易しくさえない役目だ。中国語、辺なまり、複合的な感情演技などをしなければならなかったからだ。イ・ナヨンは “この友達が処した状況、経験しなければならない状況が積もって現在ママになった時感情がシナリオによく表現されていた”と説明した。引き継いで “回想場面から撮影して感情がよく累積したようだ”とし “すべてのものを通じてこれからは平気になったその感情がよく感じられた。それでそれをよく表現したかったし、観客にもよく伝達したかった”と付け加えた。ユン・ジェホ監督は “イ・ナヨンは一カット、一カット、準備をとてもよくしてくれた”と誉めた。彼は “外面的に表現することができないものなどを内面的によく表現してくれた。また特有の雰囲気で映画のメッセージをよく盛った”とし “短い時間の内に撮影しなければならなかったが集中をよくしてくれた”と言った。イ・ナヨンは劇の中でザングドングユンと帽子関係に出演する。二人はかなり似ているシンクロ率で実際 ‘帽子’のような感じをぷんぷんと漂う。ユン・ジェホ監督は “二人の俳優の似ている感じがある。ザングドングユンもイメージが独特で個性あってキャスティングした”と明らかにした。’ビュティプルデイズ’は痛い過去を持ったまま韓国で生きて行く女(イ・ナヨンの方)と14年ぶりに彼女を尋ねて中国から来た息子(ザングドングユン分), そして遂に明らかになる彼女の隠された真実に関する話を盛り込んだ。劇場封切りは来る11月にする。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734574.htm, 2018/10/04 17:53:48]