‘心が痛いです’, 精神科治療告白するスターたち

HBFgIfB_o

“不安障害、鬱病、パニック障害…私はそれが風邪みたいなと思います。”ラッパー迂遠嶺(22)が3日午後放送されたMBC ‘ラジオスター’に出演して言った言葉だ。’ショー・ミー・ザ・マネー’で真率な家事と新鮮なラッピングで人気を呼んでスター級に上がった迂遠嶺。放送当時歌詞ええ ‘鬱病’ ‘錠剤’ などの単語で痛みを率直に告白して1020世代の共感と人気を一身に受けた。最近迂遠嶺のように放送で精神科治療を受けていると率直に告白するスターたちが増えている。放送人イ・サンミンとキムクという自分が出演するプログラムでパニック障害で困難を経験していると言って話題を集めた。このだけではない。歌手佳人はSNSでファンに不眠症と不安障害で治療中なのを伝えた。イ・ビョンホン、キム・ハヌル、イ・ギョンギュ、チョン・ヒョンドン、キム・ジャンフン、チャ・テヒョンなど多数のスターも精神科治療を受けたり受けたことがあることを放送を通じて知らせたことがある。’公認’で思われるスターたちに精神と相談履歴を公開的に明らかにするということはかなり難しい事だ。人々に明るくて肯定的なイメージを植えてくれなければならない人々だから ‘憂鬱だ’と言う告白だけでも彼らには致命的なイメージが生ずることができるから。しかし鬱病、パニック障害など精神的な痛みを訴える現代人が増加しながら、同時に心の病気を率直に告白するスターたちを向けた大衆の目も変化している。派手な生、人気の裏面に不安と憂鬱を持ったスターたちが放送に出演して ‘心の病を病んでいる’と言う率直な姿。過去と違いこういう ‘勇気’が大衆に大きい共感台を得て肯定的イメージにアッピールされる事例も多い。このような変化と係わってハ・ジェグン大衆文化評論家はわ通話で “精神と疾患を隠した過去の社会雰囲気が大きく変化したのがスターたちにとって心の病気を告白することができるようにした最大の理由”と伝えた。ハ・ジェグン評論家は “過去 ‘精神病’はタブーするほどに否定的なイメージを与えたことが事実だ”とし “しかし鬱病などで多いスターが自殺をしたり極端的な選択をする場合が多かったしこれを社会的でも個人的に見逃すのがむしろ否定的な結果をもたらす場合が大部分だった”その変化の理由を指折った。引き継いで “一般人の間でも精神科治療が普遍化になっている。こんな中スターたちが本人の痛みを率直に出て告白することはとても重要だ。同僚スターたちのみならず一般人にも大きい勇気を与えたりひいては治療につながることができる”と説明した。彼は最後に “スターたちの告白が多くの人々に心の病気を隠すより治療する方が良いという認識を植えてくれるという側面でとても肯定的な変化”とも付け加えた。OECD 国家の中で一番高い自殺率を誇る大韓民国。スターたちの勇気ある告白がもっと意味ある理由だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734511.htm, 2018/10/04 11:35:33]