‘明堂’ パク・チュンソン “5㎏ 減量など準備に最善…ターニングポイントになるように”

nCJrFfB_o

ベテラン俳優パク・チュンソン(54)イ・ヨンファ ‘明堂’で延期人生ターニングポイントを夢見る。先月27日ソウル麻浦区ソングアムロ社屋でパク・チュンソンに会った。パク・チュンソンが活躍した映画 ‘明堂'(監督パク・ヒゴン・製作ジュピターフィルム)は地の機運を占って人間の運命を変えることができる天才支管パク・ジェサン(チョ・スンウの方)と王になることができる天下明堂を占めようとする彼らの対立と欲望を描いた作品で、先月19日から観客に会った。映画はおもしろい素材で関心を集めて秋夕連休観客の足を劇場に導き、着実にボックスオフィス2, 3位を行き交っている。パク・チュンソンは今度作品で状況によって態勢を切り替える卑劣な支管ゾングマンであるキャラクターで分解印象深い熱演を広げた。初自主映画出演は1989年 ‘オオ!夢の国’, 初商業映画デビューは1992年 ‘胸に出る刀で悲しみを切って’で、いつのまにかデビュー27年目にあったパク・チュンソンだ。彼は映画 ‘決定的漢方’ ‘後宮:帝王の包み’ ‘私の恋愛の記憶’ ‘少数意見’ ‘ヘルモだから’ ‘純情’ ‘相性’, ドラマ ‘彼女はきれいだった’から子供ドラマ ‘マジックキッズ魔手里’ ‘魔法千字文’までスクリーンとブラウン管を行き交って着実に活躍した。- ‘明堂’に出演した所感は?本当に幸せだった。斉家 ‘がシナリオ、このキャラクターは本当にしたい’と打ち明けて私の意見が受け入れられて作品に出演したのが初めてだ。そしてあんまり人気ある俳優たちと一緒にしたことが本当に幸せだった。みんなそうだったが準備熱心にして参加した。初めにシナリオを読んだ時から本当に一緒にしたかった。展開が緊迫で速度感、エネルギーが良かった。私が演技したゾングマンであるキャラクターを演技したがる俳優たちが多くの人あったことで分かる。運が良く私が共にできるようになったようだ。- 初めて大きい作品で比重が大きいキャラクターを演技した。学ぶ選択を受ける立場(入場)だから選択受けた以上本当に上手ではなくちゃいけないと言う考えだけだった。その間私を見て来た大中分たちがこの映画を見て他の視覚を持つようになったら良いという気がした。本当に映画もよくできて配役もよく表現されて少し幅広く製作者や観客に選択受ける俳優になるきっかけになることができるのをする風もあった。現場で演技するのに本当に気持ちが良かった。緊張感ある雰囲気も本当に良かった。最高内攻を持ったペク・ユンシク俳優と対面する場面が劇初中盤にたくさんあったが、その緊張感が私に快感を与えた。こんな良い配役を引き受けたこと自体も気持ちが良かったが現場でのしこしこする緊張感が愉快だった。配役は悲壮だったがね(笑い).- 撮影場雰囲気はどうだったか。監督様があんまり準備が確かになっていてディレクションに荒さがなかった。一場面が終わればディテールした説明をしてくれた。安定感を与える監督様だった。この場面をこんなに演技しなければならないという十分なモチベーションをしてくれて説明をしてくれた。もしかや私が準備をあまりにも多くして来れば ‘これはちょっと弱くしてくれたら良いだろう’と整理をしてくれた。親切で、よく用意した刃みたいな方だった。チョ・スンウ知性キム・ソンギュンユ・ジェミョンなど一緒にした俳優たち人性が本当に良かった。顔赤くする状況が全然なかった。私ではないが(笑い) 他の俳優たちの中同じ年齢が多くて雰囲気がもっと良かったようだ。組合が本当に良かったし、現場がよくころがって行った。私が年がちょっとあって他の俳優たちが私を排斥すると思ったが(笑い) 全然そんなことなく ‘御兄さん御兄さん’しながらよくしてくれて幸せだった。この作品を一緒にしたことだけでも私が幸福もたったなたい。- ゾングマンであるキャラクター表現のために努力した点があったら?監督様と私はゾングマンインというキャラクターを ‘陰地を支配する者’という感じに解釈した。一番目はこの人物はどんな人か、どんな成長過程を経ってどう暮して来た人か、トラウマは何か、世界観女性観はどうなのか、この人物が現実を眺める視線はどうかななどを具体的に悩んだ。それが明確ではなければならないキャラクターだ。ゾングマンインは劇で主要人物たちにすべて会うキャラクターだ。一場面一場面で誰かを向い合う時言いぐさ、視線に当為性、真正性が落ちないこともあるように研究をたくさんした。二番目は音と目つきに神経をたくさん使った。普通私の体重が60㎏のに5㎏を減量した。やせれば目に自然に力が積まれていたよ。身に比べて顔が大きい方だから顔が鋭く見えられるように努力した。例えばペク・ユンシク俳優を向い合った時、機運があんまり良いから雪合戦をするよりは ‘脳後をくぐってみる’ ‘肺の中をくぐってみる’と言う感じで視線を与えた。’あなたはもう私の中にすべてある’ ‘だね肺の中擦りむける分かっている’ こんな視線を持ってみようと労力した。声も私の普段声が低音に平凡なのに精製された音を出そうと思い、言葉も少し早く、強くて硬くといえども染みこむことができるように声を出そうと努力した。イメージはもしキムビョンギ(キム・ソンギュンの方)が包丁ならゾングマンインはさしみ刀感じ、キム・ジャグン(ペク・ユンシクの方)が古狸ならゾングマンインは毒蛇感じと思った。高次元の手段が相手を食いに行く感じを思った。笑い声研究もたくさんした。おちゃらかしたり皮肉るような感じがこっそりするようにした。- 延期を長い間して来ながら大変な点はなかったのか。作品の話が行き交ってからのめる場合もあって、俳優としてずっと何かを待つ状況をよく経験する。演劇する時は公演を、公演始めれば観客を、練習する時は相手俳優を、撮影場でも手順を待つ。待つ職業だ。そうしたら結婚も40歳に遅くするようになった。仕事を休む時間が多くなるのが大変だったよ。良い配役に会えば本当に良かった。仕事なしに家へ来ると言うあれば嫌がる気色が見える。私の妻があんまり人が好きで小言をしなくはある。安打を打ってもホームランを放っても打席に立たなければならないのが俳優なのに、うまくできない時もあって待機する感じもある。機会は常に来ると思って待った。これからはゾングマンであるキャラクターをきっかけで打席に立つことが多かったら良いだろう。- ‘明堂’はパク・チュンソン俳優にどんな意味か。私の演技人生ターニングポイントになってほしいのにグァンゲックブンドルがどう見たのかは分からない。俳優生活27年ぶりに周辺人々に ‘私の作品見てくれ’と広報したのが初めてだ。家族、知人たちが映画を熱裂に広報してくれて応援してくれている。こんな経験が初めてだ。今日同じインタビュー島経験が多くない。周辺人々が ‘地ちょっと見てくれ’ などおもしろい反応も見せてくれる。今後とも良い配役会いたい。この前に同じ作品を一俳優、監督など後輩たちも ‘先輩にそんな姿あるか知れなかった’は後期を話してくれていたよ。本当に嬉しい反応だ。冗談でもそんな話聞くのが気持ちが良い。延期人生を歩きながら着実に打席に立ったら良いだろう。ゾングマンであるキャラクター、製作社代表様、監督様、スタッフなどみんな本当にありがとう。それでもっと上手ではなくちゃいけないと言う負担もあった。良い結果があって皆に次の作品ができる力が備蓄されることができるように願う。- ‘マジックキッズ魔手里’ の中マッペキャラクターで憶える人々が多い。まだ ‘魔手里マッペですか?’と言ってあいさつする方々が多い。ドラマ放映当時小さい頃を過ごした方々は大部分私が知っていたよ。その事実自体が私に刺激になる。幼い時テレビで私を見た愛聴者たちが年を取って社会人になるうちに私は何をしたのか振り返るようになる。その方たちに新しい面貌をお見せしたことがたくさんいたかと思う。刺激になる。魔手里マッペが ‘そのまま年を取って行くおじさん’ 位しかならなかったら私も惜しいようだ。この前には私に駆けて来て ‘マッペポーズ’ 見えてくれと言ってする方々が多かった(笑い).最近もあいさつしてくださる方々会えば本当にありがたく嬉しい。良い姿たくさんお見せしたい。多分 ‘明堂’ 見ながら ‘マッペおじさんなのに?’する方々かなりあるようだ(笑い).本当にありがとう。実は今考えてみれば過分な愛だった。私がコンピューターが下手で当時生じたファンカフェにコメントもつけなかった。ファンに本当にやれないようだ。’ありがとうギウンナブニだ’ 一言でも伝達しなければならなかったが。今振り返ったらすまなかったりする。- 愛する妻に伝えたい言葉があったら?秋夕連休に妻の父、岳母様をお会いしに行って一家一緒に ‘明堂’を観覧した。妻が映画を見たら ‘あんなキャラクターが似合うんだな。インパクトあるのね。これから強い配役引き受けたら良いだろう’と話していたよ。妻に初めて受けた褒め言葉だ。普段小言があまりない方だ。私がボルオだ準お金もあまりないのに子たちよく育ててくれた。うちのお母さんが ‘嫁女が電話していつか息子よくドエルゴだから心配するなと言った’と言っていたよ。今まで私が演技することに対して関与したり卑下じたりしたことがなかった。私の仕事に対してタッチをしない方だ。うちの妻は多情多感しないが大きく抱いてやって見守ってくれるスタイルだ。私が表現を間違うのに本当にありがとう。私も誰より家庭が最優先である人だ。家庭をよく守って愛するためには結局私の仕事を熱心にする方が良い方法だと思う。良い作品会って家外によく出るのが家庭の幸せのためのことではないかと思う(笑い).妻にありがとう。- これからどんな俳優に残りたいか。ダッグアウトにあっても安打を打っても三振アウトにあっても常に現場にいる俳優になりたい。私に作品選択権が大きくないが作品や配役や結局 ‘味’と思う。ダルコム、メコムなど ‘味’がある作品、配役と一緒にしたい。中々にに安打は打ちたい(笑い).着実に打席に立つ俳優になったら良いだろう。それが私に楽しみだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734063.htm, 2018/10/04 00:00:02]