“正常化約束” 23回釜山国際映画祭、危機踏んで新しい出発

nzjyKfB_o

いっそう派手になってふんだんになった。正常化を約束した23回釜山国際映画祭が危機を踏んで遂に新しい出発を知らせた。2014年 ‘ダイビングベル’ 事態以後位相が急激に墜落した釜山国際映画祭は4年ぶりにもとに帰って来た。4日午後釜山海雲台区うどん映画の殿堂では俳優ハン・ジミンとキム・ナムギルの社会で第23回釜山国際映画祭開幕式が開催された。先立って台風コングレイ北上消息で野外行事に対する恐れがあったが行事は無事に進行された。この日レッドカーペットには国内外映画人、俳優たちが大挙参加して席を輝かした。チャン・ドンゴン、ヒョンビン、イ・ナヨン、パク・ヘイル、水涯、ユ・ヨンソク、キム・ヒエ、キム・ヘスク、イェ・スジョン、ナム・ギュリ、イ・ハヌィ、ナムズヒョック、アン・ソンギ、イ・ボヒ、シン・ソユル、ハン・イェリ、チェ・スヨン(少女時代), キム・ギュリ、キム・ボソン、チェ・ヒソ、ジン・ソンギュ、リュ・ヒョンギョン、キム・イソン、キム・デミョンなどがレッドカーペットを踏んだ。また海外スターリュイホ、カラタエリカ、國村隼、国内有名監督であるイム・グォンテク、チョン・ジヨン、パン・ウンジン、イ・ジュンイク、キム・ヨンファ、イ・ヘヨン、ファングドングヒョック、ミン・ギュドン、峰巒台なども参加した。特にドキュメンタリー ‘ダイビングベル’を演出したイ・サンホ監督が参加して関心を集めた。明るい顔でレッドカーペットを踏んだ彼の姿に釜山国際映画祭の正常化が証明された。映画祭に参加した映画人たちもいつよりも明るい表情だった。映画祭ボイコットが皆撤回されてイ・ヨンガン理事長、ゾンヤングズン執行委員長も今年復帰したからだ。去年ちょっと寒かった行事と確かに他の雰囲気だった。今年映画祭は坂本龍一のピアノ演奏で派手な手始めを知らせた。坂本龍一は ‘今年のアジア映画印象(The Asian Filmmaker of the year)’ 受賞者でも選定された。彼は “こんなに栄え栄えしい席へ来るようになって感謝する。韓半島にいよいよ平和が尋ねて来ようと思う。同じアジア人として本当に嬉しく思う”と言った。引き継いで “お互いに違う人々の間で愛が生ずるのは私が音楽に真実余寒 ‘こんにちは、ティラノー’ 作品の核心だ。この作品が釜山映画祭に紹介されたのが意味があると思う。この世の中で暴力に対する支配が消えるのを期待する”と所感を明らかにした。’韓国映画功労賞’は韓国映画を国際映画界に紹介して韓国映画世界化のために寄与した映画人に授与する上に今年はブズルグックゼアシアヤングファゼの共同創設者兼総責任者であるマルチンテルアンヌ(Martine Th?rouanne)と章マルクテルアンヌ(Jean-Marc Th?rouanne)が賞を受けた。今年映画祭開幕作はイ・ナヨン主演の ‘ビュティプルデイズ'(監督ユン・ジェホ)だ。’ビュティプルデイズ’は痛い過去を持ったまま韓国で生きて行く女(イ・ナヨンの方)と14年ぶりに彼女を尋ねて中国から来た息子(ザングドングユン分), そして遂に明らかになる彼女の隠された真実に関する話を盛り込んだ。イ・ナヨンの6年ぶりのスクリーン復帰作でも関心を集めた作品だ。イ・ナヨンは先立って ‘ビュティプルデイズ’ 記者懇談会で作品選択理由に対して “私ができて、したくて、少しは自信あるように観客と会いたかった”とし “そうしてみると時間が長くなってそうした渦中に ‘ビュティプルデイズ’ のようなぐいっと気に入るシナリオを読むようになってするようになった”と明らかにした。引き継いで “が友達が処した状況、経験しなければならない状況が積もって現在ママになった時感情がシナリオによく表現されていた”と説明した。引き継いで “すべてのものを通じてこれからは平気になったその感情がよく感じられた。それでそれをよく表現したかったし、観客にもよく伝達したかった”と付け加えた。第23回釜山国際映画祭は4日開幕式を始まりに13日まで映画儀典当たり・CGVセンタムシティ・ロッテシネマセンタムシティ・メガボックス海雲台など釜山一帯劇場で開かれる。開幕作は ‘ビュティプルデイズ’と閉幕作は香港ウォんファフョン監督の ‘ヨブムンウェゾン’だ。招請作は79ヶ国323編でワールドプレミア上映作は115編(長編85編、断片30編)だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734623.htm, 2018/10/04 20:56:55]