派手な映画祭の中隠れた動き手たち、誰がいるか?

qcc4TfB_o

派手なドレスとタキシード。フレッシュ洗礼を受ける俳優と監督。普通映画祭と言えば浮び上がるイメージの中で一つだ。ふと分かりたかった。この輝く一場面のために見えない所にある人々はどんな人々だかと思って言葉だ。知りたい事が始まると映画祭あちこちに隠れた助力者たちが見えた。第23回釜山国際映画祭を作って、作って行っている隠れた動き手たちに会った。4日午前映画の殿堂に到着するやいなや見えたのは釜山国際映画祭ロゴティーシャツを入庫、慌ただしく動くボランティアだった。彼らは観光客たちを迎えて案内して映画祭ガイド役目をたっぷりした。釜山国際映画祭は全国各地でボランティアたちが集まる人気ある行事でも有名で競争率も熾烈だ。ボランティアに選ばれた人々を見れば ‘自負心’が感じられるほどに彼らの胸がいっぱいな表情を易しく目撃することができる。あれほど釜山国際映画祭は多くの人々に愛されて認められる行事という証拠だった。ボランティアユン宰相(24)さんは映画祭GV(観客との対話), 記者案内を引き受けたと紹介した。京畿道議政府から来たという彼は “釜山国際映画祭に一度来てみたかった。観客で来ることも良いが行事一員で参加してみたくて支援した”と言った。引き継いで “後で映画の方で働きたい意向があるのに今度機会をきっかけで、映画にもっと深い関心を持つようになったようだ”とし “韓国で一番大きい映画祭にお手助けになることができるというの自体が胸がいっぱいな一人のようだ”と言った。また他のボランティア打ちこんだ(25)さんやっぱり “釜山の人なのに映画祭によく来なかった。去年期待なしに来たが思ったよりよくなっていておもしろいという気がして今年ボランティアに参加するようになった”と言った。去年には観客。今年は映画祭インサイダーになった彼は “引き受けた役目があるから緊張感もして心配もなる”とし “大きい間違いなしに楽しい心で仕上げ上手になりたい”と付け加えた。大部分20代初、中盤に立てられたボランティアたちは大きい行事の一員に一緒にするようになったというのに意味を置きながら浮き立った姿を見せた。彼らの明るい姿に記者も良いエネルギーをいっぱい受けた。映画の殿堂野外劇場では舞台設置とレッドカーペット開幕式画面中継のために多くの人々が忙しく動いた。このなかにスターたちの姿を盛って観客に伝える現場中継カメラマンの姿が知りたかった。まさに画面後にある職業だからだ。釜山国際映画祭現場中継チームのキム・ジョンス(35) さんに会った。彼は “いつも主人公たちを照らしている途中その裏面にいる私を照らすのが本当に新鮮なようだ”とインタビューに応じた。キム・ジョンスさんは “レッドカーペットポトワルに線スターたちを取るために来た”と紹介した。10年目この事をしているという彼は “誰も一番(回)くらいはしてみたいことではないかと思う”とし “釜山国際映画祭は今度が初めなのに国際的な行事に参加して意味があるようだ”と所感を明らかにした。彼は “行事の雰囲気を観客により一層よく伝達するのが私たちの仕事だからリハーサルもして徹底的に準備した”と言った。彼に “大きい行事だと負担もちょっとある”と言おう “プロなので大丈夫だ”と余裕のあるほほ笑みをした。映画の殿堂中心軸建物であるビプヒル(BIFF HILL)には国内外映画人たちが交流する章、プレスセンター、記念品、文化空間など多様な空間が用意されている。国内外多い人が行き交うこちらには今年特別に作曲家兼ピアニスト坂本龍一の展示場が用意された。思いがけない展示にどんな人がどんな事情で企画をしただろうかふと分かりたかった。坂本龍一が映画音楽とは密接な関連がいることは分かっているが映画祭で音楽関連展示をするということは製法新鮮だった。今回の展示はキム・ヨンホプログラマーの特別要請で行われたことで坂本龍一のドキュメンタリー映画 ‘コーダ’に登場したピアノが展示される。坂本龍一は映画音楽作曲家で有名だ。去年には国内映画 ‘南漢山城’に参加して ‘怒り’ ‘レボノント:死で帰って来た者’ ‘ラストエンペラー’ など多数の映画音楽作業をした。彼は今年のアジア映画印象受賞者でも選定された。展示担当者 ‘文リント’のチェ・ウジョンチーム長は “日本津波関して多い意味を盛っているピアノだ。宮城県農業高で浸水されたことで状態も良くない”とピアノの特別な意味に対してで説明した。引き続き彼は “人々がこの展示を見て自然の問題に対してもう一度考えてみるきっかけになったらと思う”と言う風を伝えた。それとともに “自然の問題を芸術で昇華させたら多くの人の腹中にもっと深く出ることをこと”と言いながら “今度映画祭に少しでも協調することができて嬉しい”と言った。映画祭で忙しい所の中一所でポブイはプレスセンターには国内外記者たちを迎えて案内する釜山国際映画祭広報チーム地油頃(25) さんがいた。精神なしに忙しく歩き回って親切に応対する彼の姿にベテランだと分かったら実は去る7月初めて釜山国際映画祭に合流したと言った。地油頃さんは “広報仕事は初めてだ。大学を卒業してサービス職だけしてみたが広報仕事が適性に当たるみたいだ”と明るいほほ笑みをした。引き続き彼は “記者たちプレスカードを登録とプレスバッチ作業、生中継とセンター管理をしている”と自分を紹介した。地油頃さんは “ここで働く多くの方が映画祭に対するプライドが本当に強いということを感じた”とし “我が国を代表する行事なので外国でも関心がマングナを肌で感じた。胸がいっぱいでやりがいのためだ”と言った。私たちがもうちょっと便利で楽に映画祭を楽しむことができたことはこのように隠れた動き手たちおかげさまだった。自分の仕事を愛して、また楽しむことができる彼らの心が釜山国際映画祭をもっと輝くようにするようにする。新前から10年目プロまで多様な人々の手先で誕生される釜山国際映画祭が世界的な映画祭で生まれかわったところには今この時間にも自分の席で黙黙と働く人々がいるからだ。見えない所で熱心に働く彼らに拍手を送る。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734607.htm, 2018/10/06 12:00:02]