‘雄と雌肉である’ 金尹錫Xチュ・ジフン、映画祭熱く焼いた

vsVoWfB_o

封切り4日ぶりに100万観客を突破した ‘雄と雌肉である’が第23回国際映画祭でも熱い愛を受けた。6日釜山海雲台区うどん映画儀典当たり1階シネマウンテンでは映画 ‘雄と雌肉である’ 舞台挨拶行事が進行された。俳優金尹錫、チュ・ジフン、キム・テギュン監督が参加した。現場には舞台挨拶の前から多くの人が現場をいっぱい満たして彼らの人気を感じさせた。’雄と雌肉である’は監獄で7件の追加殺人を自状する殺人犯と自白を信じて事件を追う刑事の話を取り上げた犯罪実話劇だ。金尹錫が刑事を、チュ・ジフンが殺人犯を演技した。チュ・ジフンは作品選択理由に対して “俳優としてなまり書く役に喉の渇きもあり、シナリオもがっちりしていた”と明らかにした。引き継いで “デコボコしたキャラクターを演技したい欲心があった”とし “‘うまくできるか’という悩みもしたが挑戦意識を催してするようになった”と説明した。今度映画で彼は初めてなまりに挑戦した。相手俳優である金尹錫は “チュ・ジフンさんは言語に対する感覚がとてもすぐれた”とし “ものすごく上手だったよ”と誉めた。彼の後輩死とは続いた。’チュ・ジフンさんがきれいに見えた時がいつだったか’と言う質問に対して “取調室場面だった”とし “チュ・ジフンさんが ‘それでどうしなさいと?’というせりふがあるのにそのせりふをとてもおいしそうになまりをよく表現した。あの時本当にきれいに見えた”と誉めた。するとチュ・ジフンはせりふを即席で日観客の熱い喊声を受けた。引き続き彼は “金尹錫先輩と幼い頃から同じ作品を本当にやってみたかった”と言った。チュ・ジフンは “ヒーロームービーの主人公(金尹錫)に会ったような気持ちで毎日毎日苦痛を与えたりした”とし “初盤には恐ろしかったりした。この映画に押すかけるのではないかと思ったがしていると毎日毎日が楽しかった。とても栄え栄えしい瞬間だった”と言った。金尹錫とチュ・ジフンは観客たちの熱い喊声と烈火のような声援に浮き立った姿を見せた。また封切り4日ぶりに観客100万突破をしてなのか二人はいつよりも気持ち良い姿だった。キム・テギュン監督は “名品俳優たちの狂った延期が盛られた映画”と紹介して観客たちに映画を ‘強力推薦’した。’雄と雌肉である’は去る3日封切られたし上映時間は110分だ。15三観覧可。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734777.htm, 2018/10/06 21:35:53]