ムン・ゼイン大統領の訪問したカフェがあるんだって?

Rw7rYfB_o

釜山国際映画祭が去る4日本格的に始まった。今年 ‘正常化元年’を宣言していつより活気に満ちた映画祭を予告したが、空は無情だった。台風コングレイが北上して釜山には雨風が吹きつけ始めた。海雲台海辺でスターたちと一緒にするオープントークも見物して、白砂浜あちこちでする行事を楽しみたかったがその風は台風コンリーと一緒に流れて行った。代わりに映画の殿堂で楽しむ距離(通り)を尋ねた。その間観客で、記者で釜山映画祭をよく探したが ‘こんなのがあったか?’たい位に多い楽しむ距離(通り)があってびっくりした。◆ 釜山国際映画祭で人生写真を残したければ?映画儀典当たりビプヒル1階一ところにポラロイドーカメラがあちこち付いていた。何をする所かしたら即席フォト行事場所。友達と恋人と一緒に、また一人きり映画祭を訪問した人々は ‘映画祭認証写真’を残した。並びはあまり長くなかったが制限された時間のため取るのはよほど易しくなかった。それで行事を運営するボランティアたちに聞いた。どのようにすれば取ることができるのか言葉だ。ボランティアは “‘釜山国際映画祭’ ‘BIFF’が入って行った写真またはビーフビレッジの全景をきれいに取って、SNSに掲示して関連ハッシュタグをつけてボランティアたちに認証すれば良い”と言った。以後ボランティアが ‘人生写真’を撮ってくれて焼き付けてくれる。運営時間は午後1時から6時まで進行される。もちろん価格は無料だ。◆ 釜山有名カフェが一席に!雨も降って気候も肌寒いからおいしいコーヒーが食べたくなった。映画の殿堂でカフェに行くにはちょっと距離(通り)があってどうしても意慾が出なかった。あの時ビプヒル1階でコーヒー香りがぷんぷんと漂った。香りに付いて行ったら、釜山有名カフェ22ヶ所が集まって安く販売するカフェコーナーが見えた。分かってみれば取材または映画関係者にはただで提供。観覧客には3000ウォンだという安い価格に販売していた。ただ現金だけ可能だ。この日はモモスコピガングホスング室長が席を守っていた。ガングホスング室長は “釜山地域の大きい行事期のためカフェが一緒に同参してみようという主旨で参加するようになった”と参加するようになったきっかけについて説明した。引き継いで “映画が好きな人々がおいしいコーヒーも一緒に楽しんだらと思う”と言った。ガングホスング室長はまた “去年映画祭にびっくり訪問したムン・ゼイン大統領がこのカフェコーナーにも訪問した”と明らかにして胸がいっぱいな顔をした。◆ VRで見る映画!短くは5分から長くは2時間まで人々がVRだと書いている所にあっちこっち覗きながら集まって来た。映画を風変りな方式で楽しむためだ。記者も知りたくてあっちこっち覗いたら、VRは当日予約制または先着順だと言った。時間を結構投資しなければならないが風変りな方法で映画祭を楽しむにはうてっつけだった。このように映画祭風景が少しずつ変わっているということを体感することができた。その間映画を見るためには映画の殿堂やこの一帯映画館で映画を見られたがこれからは小規模VR 映画館が生じてVRを易しく接することができた。これからは結構大衆化されたVRが釜山映画祭にも接木されたこと。技術的でももっと発展した釜山国際映画祭を感じることができた。◆ 映画関連諸本が一席に!台風コングレイのため海雲台白砂浜野外舞台は皆映画儀典当たりで席を移して映画の殿堂内部とドゥレラウム広場で開かれた。5日から本格的に開かれる行事に観客たちは朝早くから集まって来た。舞台近くには諸本が積もっている所々が見えた。映画関連本を販売するようだった。ビプヒルで受けた暖かいコーヒーを持って本を見物しているから関係者は “映画を見たの”とはがきを与えた。分かってみれば映画祭映画チケットを持っている人々にははがき集めることとお菓子をただで提供していた。”もし今年この行事に参加するのが初めてなのか?”その聞くと販売担当者である出版社本ブックスのゾングヒェリンさんは “長い間して来た”と返事して “まだ多い人が分からなくはある”と言った。分かってみれば本ブックスは映画関連本を出版する所だった。外国人たちのために英語に翻訳された映画諸本も多かった。ゾングヒェリンさんは “映画が好きな人々なら確かに映画関連諸本も好きなこと”と言いながら多い関心を頼んだ。このように映画の殿堂あちこちには普段まだ分からなかった行事が多かった。分からなかったら映画観覧にだけ止まなかっただろうか。友達、恋人、私一人で皆が楽しみやすい行事が用意されている位多い人が楽しむのを期待する。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734746.htm, 2018/10/07 06:00:03]