‘リベンジポルノ’ チェさん、処罰可能性は?

77P9ZfB_o

ひとときは愛した恋人を相手で性関係動画を送った男。ここで末ではない。動画後には ‘芸能人人生を終える’ ‘情報提供する’と脅迫も躊躇しなかった。回復することができない位にけがをしたグハラの心はどこでどう治療受けなければならないか。治療が可能ではあろうか。別れた恋人に性関係動画を流布すると脅かしたチェさんは法的な処罰されることができるか。聖信女子大学校法学科形事訴訟法キム・ナギョン教授は5日に “現行性犯罪処罰法によれば性関係流布脅迫犯罪が現行法の上正確に名門化されていないからチェさんの処罰される可能性は希薄だ”と言った。チェさんが処罰されるためには第一、性関係動画を同意なしに撮影したという決定的な証拠がなければならないし第二、外部に流布した事実が確認されなければならない。もし二つの場合皆当たらなかったら性犯罪処罰法を適用することができる可能性は稀薄だということが支配的な意見だ。結局チェさんは比較的力強い処罰に属する性犯罪処罰法規ではない罰金刑に属する脅迫罪疑いを受ける可能性が一番大きい。脅迫罪は最初に性犯罪ではないうえ3年以下の懲役または500万ウォン以下の罰金だけ弁償させるように規定されている。性犯罪に比べて処罰守衛がめっきり低い脅迫犯罪は大部分罰金刑に止める。女性の生に致命的なリスクと作用する性関係映像流布脅迫犯罪だが、罪質に比べて加害者を処罰することは軽いという世論が長い間の時間続けて来たが法律改訂が易しくない状況だ。これと関して韓国サイバー性暴行対応センターソ・スンヒ代表は深刻な残念を現わした。ソ代表はこの日に “求めろさんはチェさんに一方的な暴行加害者に殺到したが、まともにできた反駁さえできなかった”とし “過去芸能人性関係流出事件を見た時も求めろさん事件と似ている様相を見せる。一番(回)映像が上がれば人々は被害者の便に立つのではなく積極的に映像をダウンして視聴しながら加害に同参したりした”とし “力強い法的規制が至急だ”と声を高めた。彼は “初めて暴行事件で報道が出た時どうして彼がどんな過ちがないながらも ‘私の過ちが分かる。理由を問わず (私が)申し訳ない’とものを言っただろうか思ってくれ”故も付け加えた。政府は去る2017年9月 ‘デジタル性犯罪被害防止総合対策’を通じて恋人間の復讐などのために特定個人を見知ることができる人の身体または行為を撮影した人が映像物を流布した場合には既存罰金刑を無くして、5年以下の懲役刑だけで処罰することにする法律をネノン状態だ。しかし1年が去る今も法律施行時期は霧の中だ。2018年性関係流布映像削除を依頼を要請した女性107人の中で5人が自殺した。切なく世を去った5人被害者たちの映像を流布した加害者たちは500万ウォン以下の罰金刑で一切りついた。力強い処罰と規制が用意されない以上私たちのできることはない。見えない所で劫迫と苦しめるに苦しむ第2, 第3の九夏ラーガ生じないのをただ望むしかない現実だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734766.htm, 2018/10/07 13:00:02]