釜山背景 ‘ホストーリー’, 釜山観客と特別な出会い

m6TQ0fB_o

“天気が土砂降りでゾッネイェ本当で。バンガブスブニデイ。”映画 ‘ホストーリー’に出演した俳優キム・ヒエが釜山観客と出会いに浮き立った姿を見せて釜山なまりであいさつをした。7日釜山海雲台区うどん映画儀典当たりドゥレラウム広場で映画 ‘ホストーリー’ オープントークが進行された。俳優キム・ヒエ、ムンスック、ミン・ギュドン監督が参加した。ミン・ギュドン監督は “1年前、この日もいい天気だった。その日はチョリャン洞で ‘ホストーリー’ 撮影をしたが時間が経ってこんなに釜山で (観客と) お会いできて良い”とし “歓待してくださって映画作ったやりがいがあるようだ”と言った。ムンスックやっぱり “釜山で長い間撮影真書なのか第2の故郷のように愛するようになった。とても感激的だ”と特別な所感を明らかにした。’ホストーリー’は1992年から1998年まで6年の間ただ本人たちばかりの努力で日本政府に堂堂と対立したお婆さんたちと彼らのために一緒に争った人々の熱い話だ。当時日本列島をひっくりかえって覆すほど有意味した結果を成したにも今までまともに知られなかった ‘官府裁判’ 実話を素材にした作品だ。この映画は ‘ホストリオン’という厚いファン層が生ずるほどに長期的な人気を呼んでいる。キム・ヒエは “歌手は題目どおりなると。うちの俳優は良いせりふに会った”と言った。引き続き彼は “私が手をつけたこと中に失敗したのがイッドや”と言いながら映画に出るなまりせりふをして観客の呼応を受けた。キム・ヒエは “このせりふがあまり気に入る”とし “監督様良いせりふ書いてくれて感謝する”と言った。また ‘ホストーリー’は映画館で降りた以後にも ‘ホストリオン’らが単冠をしたと知られて関心を集めた。キム・ヒエは “単冠行事に招待されて行ったが初めてする経験だった。知りたかったりして心配もなったが映画館に観客がいっぱいになる姿を見るから映画に参加したやりがいを感じた”とし “どの映画祭で賞を受けたこと劣らない気持ちだった。その感情は忘れることができない”と当時を回想した。ミン・ギュドン監督は “それぞれの俳優たちが単純なママ、妻以上の役目を持って広げる姿が観客たちが見るのに新しい楽しさがあったと思う”とし “連帯の幅、映画に共感する深みが特別な楽しさを与えたと思って生命力が長く延長されるようだ”と言った。キム・ヒエはこの作品で27回夫日映画賞で主演女優賞を受け、キム・ソンヨンは助演女優賞を受けた。キム・ヒエは “釜山なまりがとても難しかった”とし “私に最大の挑戦だった”と言った。ムンスックやっぱり “こんな珍しい役目をしてから国家有功者になったような気がする”とし “この作品を通じて韓民族の感情がどれという浮かし分かるようになった”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734812.htm, 2018/10/07 15:51:21]