チョ・ジェヒョンミトまた叫んだ。..被害主張女性 “だけ17歳の時あいました”

K7yk7fB_o

俳優チョ・ジェヒョンに満17歳の時性暴行にあったと主張した女性がまた現われた。この女性Aさんはチョ・ジェヒョンを相手で億台損害賠償請求訴訟を提起した。テンアシアは8日法曹界の言葉を引用して “2004年自分が未成年者だった時代、チョ・ジェヒョンに性暴行にあったと主張する女性A さんがチョ・ジェヒョンを相手で億台の損害賠償請求訴訟を提起した”と報道した。Aさんは自分が満17歳の時のチョ・ジェヒョンに性暴行にあったしこれにより精神的な衝撃を受けたまま生きて行っていると主張したと知られた。Aさんが一歩遅れて所長を受け付けた理由は具体的に知られなかった。訴訟は調整に回附され、裁判所は先月17日強制調整決断を出した。調整手続きから当事者間の合意が成立されない場合裁判所は職権で公平な解決のために調整に替える決断を出すことができる。しかしAさん側が裁判所の強制調整を受け入れないで異議申立をしながら正式裁判が進行される。訴訟はソウル中央地方裁判所ミン沙ざの17部(真相犯部長判事)が引き受ける。弁論期日はまだ未定だ。去る2月チョ・ジェヒョンは文化・芸術界に滲んだミト(Me too・私もあった) 運動を通じて色々人の性暴行加害者に指目された。以後彼は出演の中だったtvN ドラマ ‘クロス’で下車してすべての芸能活動を中断した。チョ・ジェヒョンは今年6月自分から性暴行にあったと主張した在日韓国人女俳優を常習恐喝と恐喝未収疑いでソウル中央地検に告訴した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734901.htm, 2018/10/08 18:28:50]