“釜山見物海見物” オーシャンラインシャトルバス乗ってください

pc4P2fB_o

台風コングレイがひとしきり釜山を荒した。暴雨と荒々しい望むことで釜山の一部地域は停電になり、信号灯、表示板、各種看板はせいでこわれて壊れた。のどかな天気を想像して本格的な映画祭を楽しもうと思ったがコングレイはその希望を奪いとられた。全国の多い映画ファンも週末を利用して釜山を尋ねたが惜しいため息しか吐き出すことができなかった。しかし黄金同じ時間を捨てることはできなかった。映画祭を楽しむことができないとしても釜山の趣は感じなければならなかった。ちょうど釜山国際映画祭側で ‘オーシャンライン’ シャトルバスを運行するという事実が分かるようになった。海雲台海水浴場に沿って海辺を見られるようにされたシャトルバスで、他の地域から来た観覧客が乗るのにぴったり良いシステムだった。映画の殿堂に到着するやいなや早くインフォメーションで向けた。◆ どこで乗ることができるか?釜山国際映画祭シャトルバス停留場は別に表示されていないから探すのがちょっと難しかった。映画の殿堂に用意されたインフォメーションに聞いたりボランティアたちに聞くのが一番早い方法だった。停留場にはシャトルバス運営を担当するボランティアたちがテーブルを置いて座っていた。お手助けになるためだ。ボランティア中一人は “チャン山ラインとオーシャンライン、二つの路線に運営される”とし “映画祭バッジや上映チケット所持者はまず戍で乗ることができる”と説明した。二つがない人でもただで乗ることはできる。シャトルバスは15分おきに運営された。長い間隔がこっそり惜しかったが仲間と話を交わして見ると15分はあっという間に過ぎ去った。◆ オーシャンラインコースはどこを経て行こうか?オーシャンラインコースは思ったより短かった。映画の殿堂で出発してべクスコ、アルピや、グランドホテルを回る。約15分から20分位必要となった。映画祭を楽しんでいる途中余裕時間のある時このバスに乗って見物ぴったり良いコースだった。特に海雲台海辺近くにある食堂、居酒屋、カフェなどが整然と並ぶ所を経るのに目で楽しんで ‘おいしい店’を探索するぴったり良かった。惜しい点はオーシャンラインなのに海を見にくいということ。木と看板などで選り分けられてバスに乗ってからは海風景を見るのが大変だった。しかしこの日は台風の影響を受けたのか、波が結構高く打って少しでも見物することができた。余裕時間がもっと生じたら海辺近く停留場に降りて見物することも大丈夫そうだ。◆ バス規模と施設は?規模は空港バスと思えば良い。楽な椅子で構成されていて集めてからくたびれた人々にぴったりだ。案内放送は韓国語と英語に進行されて外国語を話せるボランティアが乗っていて外国人たちが乗るにも良かった。実際に多い外国人がこのシャトルバスを利用していたが、釜山地理をよく分からない人々が利用しやすいサービスだった。ただ、開・廃荒仕事は運行しなくて交通や天気状況によって運行が遅延または取り消しされることができる。最後のバスは午後7時映画儀典当たりで出発する。オーシャンラインだけではなくチャン山ラインもある。60分おきに運行されてメガボックス海雲台まで行く。しかし映画祭側は “センタムシティとメガボックス海雲台区間は地下鉄に移動するのがもっと早い”とお勧めした。きじ代わりにニワトリだと言ったのか。コングレイ影響で映画祭行事が多数取り消されたがシャトルバスに乗ってあっちこっちを見物したら、次第新しい楽しさがあった。特に今年はすべての行事が映画儀典当たりで開かれて海見物は一番(回)もできなかったが、オーシャンラインシャトルバスで少少の休息と釜山の趣を感じることができた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734784.htm, 2018/10/08 00:00:03]