騒いで飲んで踊ることができる映画館が?

5I2P2fB_o

“釜山国際映画祭は映画儀典当たりでばかり楽しむことができるか?”映画祭開幕から映画の殿堂にだけあっていると大部分の所はすべて行ってみて、経験した。そうしてみると映画を観覧することでなく映画祭を楽しむことができるゼミッゴリが不足だと感じた。”もっとないか?”という考えにがイドメブを広げた。そこには疎い ‘コミュニティビーフ’というコーナーがあった。場所は南浦洞近く中央洞。思わずここに行ってみなくちゃいけないと言う気がした。◆ トライアングルゾーンだけ探せば良いです!中央洞は釜山駅と南浦洞の中ある町内だ。40階段で有名な所。40階段は朝鮮戦争当時避乱の中で別れた家族たちの再会場所と同時に、避乱民の悽絶な生の現場だった歴史的な場所だ。またこちらは釜山の芸術家たちが活発に活動する芸術家たちの町内期もした。道あちこちには40階段近く風景を描く人々が見え、骨董品店ではとても古いオーディオで心を楽にさせる音楽が聞こえた。まるでパリのモンマルトルーが浮び上がった。中央洞で釜山国際映画祭行事が進行される所は ‘釜山映画体験博物館’ ‘漢城1918’ ‘角劇場’ 三ヶ所だった。この三ヶ所は三角形形態である。’角劇場’の金東吉副代表は “このトライアングルゾーンの中で映画祭行事が進行される”とし “釜山映画体験博物館、漢城1918, 角劇場順序で訪問すれば良さそうだ”と説明した。この三ヶ所を順に行ってみたら映画 ‘共助’の撮影地、’新世界’に出る中華料理店など映画撮影地も見つけることができた。◆ ‘コミュニティビーフ’は何の行事?漠然と中央洞を尋ねたがこちらでどんな行事が進行されるのか行くことが来なかった。’角劇場’のキム・ヒョンス代表は “踊って歌と食べて飲みながら全感覚で楽しむ映画観覧、夜更かししながら見る映画、監督と観客が映画を見ながら対話を交わすプログラム、また多様なコミュニティが自分たちが見たい映画を選択すれば映画祭で振ってくれるプログラムなどがある”と説明した。また全国の映画活動家たちが一ヶ所に集まって疏通するフォーラムも開かれた。もう去る6日40階段広場ではひとしきりパーティーが起ったと言った。キム代表は “映画が好きな人々が集まって思いきり楽しんだ。まるでヨーロッパへ来た気がするほどに風変わりで楽しい雰囲気で進行された”と言った。映画の殿堂にだけあってこの良い行事を逃したというのが本当に切なかった。今年始めたから広報が不足なせいもあるが釜山国際映画祭すればもう大部分人が海雲台を思い浮かべるから生じた結果という気がした。キム代表は “今年はフリーパス、ショーケース概念だと見れば良い。来年には自律性がもっと生じればホームページとクラウドシステムなどを用意してもっと体系的にできると思う”と言った。◆ “こちらは必ず行かなければならない!”ブサンヤングファチェホムバックムルグァンブサンヤングファチェホムバックムルグァンはまさに新世界だった。釜山にいつこんな所が生じたかと思うほどに映画のすべてのものなどがあった。ダビング、クロマキー、ハンドプリンティング、編集、合成、映画音楽感想、延期体験などを皆直接体験することができた。主に家族単位の人々がたくさん訪問したが老若男女するまでもなく皆が楽しむことができる体験施設が多かった。体験したすべてのものなどは皆保存されてUSBに入れて行くこともできる。まるで自分が作って参加した映画一本を贈り物もらう気がするようだった。記者もダビング、ハンドプリンティング、クロマキーなどを体験したがその間取材ばかりしている途中直接やってみたら一味違った。昔のカメラ、無声映像期、蓄音機、タイプライター、照明など映画に使われる装備が展示されていてみる楽しさもあった。また映画用語、カメラショットの種類、韓国映画歴史などに対したこともよく説明されていて楽しさと有益、二匹兎を引き締めることができる所という気がした。こんなにおもしろい所があったが ‘どうして今やっと知ったか’という考えに博物館側関係者に聞いた。すると関係者は “去年7月4日に開館した”と明らかにした。まだ釜山市民たちにも疎いような場所だがこれから広く知られたらと思う気がした。中央洞と南浦洞は釜山映画歴史の手始め店とも見られる所だ。同時に韓国映画歴史にも一線を引いた重要な所とも見られる。第23回釜山国際映画祭が今年から ‘正常化の元年’というスローガンを掲げただけ中央洞と南浦洞にも多い支援と力をつくしたらと思う念願だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734819.htm, 2018/10/08 00:00:03]