“もう上手な時もなったでしょう、韓国語!”

6LbU9fB_o

“です、マン!私慣れない。ハンクックマル難しい。”生半可なことも一日二日だ。1年が去る2年が経ってもすらすら鳥は発音、荒唐な単語選定は基本であり、6歳子供より不足な語彙力はお負けだ。誰の話なのと?長い間外国で生活したせいに韓国語に下手な ‘何人のスターたち’の話だ。韓国に住んで韓国放送に出演して韓国ファンに愛されるが、ダングツェ韓国語のよくなる気味はない。ロバートするわけおじさん位香ばしい韓国語ではないとしてもこれから基本はする時になった。▷パク・ジュンヒョン、もう学ぶ時もなったでしょうマン!グループgodの長兄パク・ジュンヒョン。デビューの時から韓国語をまともに駆使することができなかった彼が英語と韓国語をくそみそに交ぜて使ったのも19年目だ。’ワソブメン’と言う(のは)流行語が生ずるほどだから。’ワソブメン’と言う(のは)英語で ‘What’s up, man?(ワッス業マン、何の事なの?)’と言う言葉を音がし次第に悪戯で読んだ言葉だ。パク・ジュンヒョン特有の明るいエネルギーと特別な芸能感おかげさまで着実に彼を尋ねるファンが多いことは事実だ。しかし相変らず ‘ワソブメン’を叫ぶ法外に不足な韓国語実力は深刻な問題に違いない。一時代を活躍した1世代アイドルグループのメンバーだったパク・ジュンヒョンだ。後輩たちに模範を見せなければならない彼が放送で韓国語に下手だという言い訳をして相変らず ‘ワソブメン’を叫ぶ姿。これ以上愉快ではない。▷ヘイ、提示セクシー!ため口はもうやめるの歌手提示(Jessica H.O.・ホヒョンズ)はセクシーなボイスと銅色肌でファンに愛されるラッパー。ただ韓国語をする時は相変らず難しさを感じて英語と交ぜて書く場合をたびたび見られる。この外にも過激な言いぐさと、ひんぱんなため口使用などでたまに誤解を招いたりする。提示は去る2005年 ‘Get Up(ゲット業)’で歌謡界にデビューした。以後着実に国内で活動したスター。足掛け計算すれば13年だ。その間韓国語が増えなかったという点が惜しい。基本的な間違いは避けるほど十分な時間があったからだ。▷パク・ジョンヒョン、R&B 妖精!単語も覚えてください私たちに ‘R&B 妖精’で有名な歌手パク・ジョンヒョン。指折り数える歌唱力を誇るが、生半可な韓国語が惜しいことで残る。パク・ジョンヒョンは韓国係アメリカ人でロサンゼルスで生まれた。歌手に夢を抱いて韓国に渡って来て去る1998年デビューして着実に韓国でアルバムを出して活動した。20年と言う(のは)時間を国内で活動したが、放送で見せてくれた彼の韓国語駆使能力は不足な時が多い。簡単な単語を憶えることができない場合が多くて不適切な単語を選んで言う場合がたびたびあるからだ。発音はそうだとしても国内で1年余り活動した外国人スターより器用ではないパク・ジョンヒョンの韓国語実力はファンの目で切ないしかない。▷スウィングス、ラッパーはすべてそのように韓国語にソトンがヨツェグンエムネット ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’にプロデューサーに参加したスウィングス。放送初盤彼のイントネーションを置いて時ならぬ ‘国籍論難’がおこった。理由となると、スウィングスの言いぐさがものすごく ‘ギョポスロブダ’はことだった。ラッパーはジャンル特性上ラップをしたりラップと係わる話を交わす時平均以上に外国語を交ぜて使う場合が多い。しかし最近放送でスウィングスの見せてくれた姿は外来語及び外国語の濫用だけではなく韓国語発音までも不正確に崩し潰して言うのだ。このために彼の出身(?)さえ疑うようにした。しかしスウィングスは韓国で小中高、大学まで卒業した。ただ笑って越すことができるハプニングではない。やや苦くてやぼなイメージメイキングに違いない。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734905.htm, 2018/10/09 05:00:02]