芸能の中不便な字幕、’ルィオル’は愛嬌水準

zoEG8fB_o

出演者が言うゾックゾック字幕だ。演出者の考え、動きと状況などを表現する擬声語・擬態語まで字幕できちきちと構えたプログラムの画面を捜してみることはもう難しくない。大韓民国最初リアルバラエティープログラムであるMBC ‘無限挑戦’をきっかけで放送プログラムで盛りだくさんの字幕使用は視聴率を引き入れる一つの流行になった。字幕は視聴者のプログラムに対する理解を助けることは勿論、プログラムの楽しさを決めるのに大きい役目を担当する。放送言語は不特定多数に伝達することで高い影響力と波及力を持っている。公共言語として責任感、自らの役割をつくすのが要求される理由だ。しかし多い放送プログラムで新造語、隠語、略語などが無分別に使われているという指摘が続いている。最近放送通信委員会は “単純に楽しさのために低俗な造語、非標準語を長続いて繰り返して使うプログラムに対しては放送審議に関する規定違反可否を検討する”と重点モニタリングを施行を方針を明らかにして放送を通じる国語毀損を憂慮した。視覚的に受け入れられた字幕はメディアの特性上視聴者の言語使用習慣に自然に影響を与える。特に放送で使われる言語を視覚化して表現する字幕は視聴者にすごい影響を及ぼすしかないにもかかわらず、視聴者たちの雪道をサロガブギためになって行くほどオ濫用守衛を高めているのが現実だ。放送通信審議委員会(以下放送通信委員会) 調査(2016年1月)によれば人気リアルバラエティープログラムでは約3秒に一回ずつ字幕を露出している。特に多数芸能プログラムで放送品位を阻害する字幕をかなり多い数見つけることができる。放送通信委員会は去る6月1日から9日まで地上波3社深夜芸能プログラムKBS2 ‘バトルトリップ’, MBC ‘私一人暮す’, SBS ‘燃える青春’を対象に放送字幕使用実態を調査した結果、深刻なハングルオ濫用実態を確認した。通信言語と隠語、卑俗な表現など、語文規定に行き違う表現で碑文法的表現、不要な外国語、不適切であったり不正確な表現、分かち書きエラー、意図的な表記エラーなどが現われた。芸能プログラム特性上青少年たちに及ぶ影響を考慮する時これはハングル汚染の主犯に指摘されても言うものがない位だ。放送通信委員会は各プログラムで ‘ㅋㅋㅋ’ ”ㅠㅠ’ ‘ㅇㅈ’ ‘チァムバブ’ など通信言語と隠語、’師’ ‘チォン’ ‘氷球’ ‘うそ’ など卑俗な表現、’ミチンマッ’ ‘女心狙い撃ち’ ‘悲しみ爆発’ など過程されたり過激な表現、’二つともとても臭いんです’ ‘トングソン’ など礼儀にかなわない表現、’魂・ご飯’ ‘牌・血’ ‘マルイッモッ’ ‘オムグンジン’ など碑文法的表現、’ペックトド90’s ルック’ など不要な外国語、’親譲り’ ‘高級陣’ ‘折って’ など不適切であったり不正確な表現、’現地で’ ‘後にしたまま’ など分かち書きエラー、’フナナナナナ’ ‘ゾッアヨオ’ ‘ルィオル’ など意図的な表記エラーを指摘した一部時チォングツングの進入を阻害する字幕使用にも視線が傾く。放送法第5条(放送の功績責任) 2項では ‘放送は国民の和合と調和な国家の発展及び民主的世論形成に貢献しなければならないし地域間・世代間・階層間・性別間の葛藤を助長してはならない’と明示している。しかし無分別な字幕で疎外感を感じる階層がある。50代男性そのOO さんは来てインタビューで “最近芸能プログラムを見れば理解することができない単語がたくさん出る。一体何の言葉なのか一つも分からない”とし “プログラムで新造語使用がひんぱんなところにそんな言葉が字幕にも使われる。これを読んだり、聞き分けるにも困る。私自分が馬鹿になったような気持ち”と頭を横に振った。イゾングテックソウル女子大学校国語国文学科教授は “娯楽プログラムの中字幕はよく使えば視聴者に楽しさを与えることができる。時に ‘詩的許容’があるように楽しさを目的に使う字幕に対して最大限慣用的に解釈しなければならないという立場”と言いながら “ただ深刻に低俗な表現や、一部階層がプログラム内容を理解することができなくする字幕使用は楽しさをくれるというプログラム性格と目的に比べるのに気を付けるのが望ましい”と指摘した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734903.htm, 2018/10/09 00:00:05]