求めろ 前彼氏、言い訳は彼だけ…過ちを認める時

UEMjhgB_o

‘沈黙は金だ’ 求めろ私は彼氏に一番切実なものではないか。最近別れた彼女グハラを相手で性関係動画を流布すると脅かしたチェさんがSBS 芸能情報プログラムに出演してインタビューを進行した。’芸能人生活を終わるようにしてくれる’と求めろ前に堂々だったチェさんは ‘(九夏ラーガ) どうして状況をこんなにまで作るようだ’と悔しがった。去る9日午後放送されたSBS ‘本格芸能一夜’では最近暴行事件及び性関係動画流布脅迫で論難になったグハラの私は彼氏チェさんのインタビューが電波に乗った。この日チェさんは自分の法律代理人と一緒にインタビューを進行した。チェさんの顔はモザイク処理になった状態だったが、顔に絆創膏をしたことは分かった。チェさんは九夏ラーガ自分を脅迫で告訴したことに対して相変らず悔しがっていた。’脅迫意図’がなかったということが彼の主張。彼はインタビューで “最初に動画を私が願って取ったのでもなくて取った人も私ではない。ただ保管をしていたことだけだ”とし “送った理由も脅迫意図は全然なかった。別れるというのに持っていて何をするようで送ったことだけだ”と言った。動画を情報提供する意思も全然なかったと。彼は “動画を情報提供することに心に決めたらとうに情報提供したんだ。初めて媒体に情報提供すると連絡した時は顔傷に怒った心に送ったことだけだ。九夏ラーガそれを見て何かを感じたらと思った”とし “情報提供サイト下端に添付ファイルを送ることができるバナーがある。動画を心より情報提供する心があったらもっと早くしただろう”と力を入れて言った。この日放送ではチェさんとグハラのけんかを現場で皆見守った異意インタビューも進行された。グハラの親しい後輩と同時に同居人というA さん。彼の言葉はチェさんの立場(入場)とは180度相反するのだった。A さんはグハラの現在状態に対して “現在病院に通う中だ。よほど苦しがっている”とグハラの近況を伝えたりした。それとともに “その方(チェさん)がお姉さんに写真と動画を送ると言って言論媒体に情報提供するという話を聞いた”とチェさんが現在主張している言葉が事実ではないと主張した。証拠で当時チェさんと通話した内容の録音ファイルを公開した。録音ファイルでチェさんは “私は今それでは(動画) 載せてしまって脅迫に入っても良くて”と言いながら動画を送った意図が脅迫なのを自ら言っている。彼は製作陣に最後に “関係整理をすると動画を送る人がいるか。動画を送るということは ‘や動画持っている。あなた気を付けろ’ と言う意味ではないか”と問い返した。チェさんの今行動は目選り分けてアウングだ。ハンサムな顔にできた傷がたまらなく頭に来たのだろう。本人はグハラの心に洗うことができない傷つけたが、本人の傷がもっと痛くて相手の傷は見えないチェさんだ。’意図はそうではなかった’ ‘私が撮影したのではない’ 卑怯でせせこましい言い訳で彼の淫らな過ちが見逃されるにはあまり遅れた。現在最善は自ら過ちを認めて心より反省するチェさんの姿だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1734970.htm, 2018/10/10 11:24:26]