アイユの 新成長期 ‘ポケットベル’, 各種音源 ‘オールキル’

lINbngB_o

いつのまにかシンガーソングライターで位置づけた歌手アイユのデビュー10周年記念新曲 ‘ポケットベル’が各種音源順位を席巻した。アイユ ‘ポケットベル’は11日午前11時基準ネイバーミュージックメロンモングキ3 バックスソリバダオルレミュージックエムネット地だからなど8個音楽サイトでリアルタイム音源順位1位を記録した。曲は前日午後6時各音楽サイトに公開された。’ポケットベル’はアイユのデビュー10周年を記念して発表されたデジタルシングルで、アイユが新しく挑戦するオールタナティブアルエンドビジャンル曲だ。去年9月売り出したリメークアルバム ‘花筋道ふたつ’ 以後初新報で、約1年ぶりの帰還にも音源強者としての威力をたっぷり見せてくれて人目を引く。曲は独特で現代的な音響、アイユの澄ます音色が一団となって自由奔放な魅力を発散する。アイユデビュー曲 ‘迷子’から ‘名前に’ ‘パレット’ ‘愛が寝る’ などを作曲して着実にアイユと呼吸を合わせて来た作曲家イ・ジョンフンが曲を使い、アイユはプロデューサーかたがた作詞がで曲に自分の感性と考えを加えた。’二十三’ ‘パレット’ など代表曲で悩みと成長期をそっくりそのまま盛って来たアイユだ。今度曲には関係で無礼に線を越えて来る人々に投げる警告のメッセージを盛った。’It’s me 私です違うことなく/最近には何でしょうか私のゴシップ/探索する明りscanner scanner/今日は何点でしょうか?jealous jealous’ ‘Yellow C A R D/この線過ぎれば侵犯はbeep/マナーはここまでIt’s ma ma ma mine/Please keep the la la la line’ ‘楽にするよあそこあなた私の話聞き分ける?うん?I don’t believe it/エイまだ分からないの私の話違う?また私だけ悪い?うん?I don’t believe it’ など障りない家事が印象を与える。新曲で音楽ファンに会ったアイユは今月末から来る12月まで ‘2018 アイユ10周年ツアーコンサート- この今’という名前でアジアツアーを進行する。釜山光州ソウルなど国内主要3ヶ都市、香港シンガポールバンコクタイベイなど観客を尋ねる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735068.htm, 2018/10/11 11:32:26]