イ・ヘギョン、夫秘宝にも最後まで舞台守る。.. 故 オゾングウック、11日出棺

OlCImgB_o

ミュージカル俳優イ・ヘギョンの夫である声楽家故(故) オゾングウック出棺が11日午前古代アンアムビョングワン葬儀場で進行される。このなかにイ・ヘギョンが夫秘宝にも最後まで舞台守った事実が知られて切なさを催している。イ・ヘギョンは去る9日午後3時ミュージカル ‘オオ!キャロル’ 公演手始め直前夫の秘宝を伝えて聞いた。しかしイ・ヘギョンが引き受けたエステル役の劇の中で比重を考慮して彼はこの日公演とカーテンコールまで皆終えた。舞台末尾身震いする足でやっと立っていたイ・ヘギョンは舞台を終えて嗚咽して周辺人を切ないようにしたと知られた。エステル役に一緒にキャスティングされたパク・ヘミとキム・ソンギョンはイ・ヘギョンの代わりをして今週公演を代りにする予定だ。先立ってイ・ヘギョンはパク・ヘミが夫荒民の飲酒運転事故で席をはずすようになった時代わりに舞台に上がったことがある。イ・ヘギョンの夫である故(故) オゾングウックは去る9日膵膓癌闘病中死亡した。享年48歳。故人は去年夏膵膓癌ではない判定を受けて病と闘って来たと知られた。故人は秋季芸術大学声楽科出身でミュージカルオペラなど舞台に立った。イ・ヘギョンは1997年ミュージカル ‘真夏の夜の夢’を始まりに ‘ウェルテル’ ‘オペラ座の怪人’ ‘明成皇后’ ‘二つの都市話’ ヨセフアメージング’ などの作品に出演して活発な活動を広げた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735055.htm, 2018/10/11 09:37:24]