ペク・ソンヒョン目撃談 “運転手とともに泥酔状態”

1wY7mgB_o

俳優ペク・ソンヒョンが飲酒運転同乗事故当時現場を収まろうと思ったという目撃談が出た。スポーツ京郷は11日目撃者 ㄴさんの言葉を借りて “ペク・ソンヒョンと運転手 ㄱさん皆お酒に漫酔された状態だった”とし “身をまともに支えることができずに目も解けていた”と報道した。引き継いで “ㄱさんの場合自動車が動くことができない状況でもアクセルペダルをずっと踏んでいた”と伝えた。またペク・ソンヒョンと ㄱさんは警察が到着する前事故現場を収まろうと思ったと知られた。しかし申告を受けて出動した警察が到着するとこれを中断した。ペク・ソンヒョンは去る1月海軍教育司令部に入隊して海洋義務警察服務中で、今度飲酒運転傍助事件は定期外泊期間の間発生した。ペク・ソンヒョンの乗った車はこの日午前1時40分頃第1自由路ムンサン方向自由路分岐点で1車路を走って滑って中央分離帯を突き飛ばした。運転手の血中アルコール濃度は0.08%で免許停止にあたる数値だった。ペク・ソンヒョンの所属社サイドスHQは “良くないことで物議をかもして多くの方々に心配と失望をおかけした点申し訳なく思って深く反省している”と言う立場を明らかにした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1735066.htm, 2018/10/11 11:16:07]